「分類」と「分別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「分類」と「分別」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「分類」「分別」の違いを分かりやすく説明していきます。

「分類」とは?

「分類」の意味と使い方について紹介します。

「分類」の意味

「分類」「ぶんるい」と読みます。

意味は「ものごとを種類・性質・系統などに従って分けること「同じ種類のものをまとめて、いくつかの集団に区分すること」という意味です。

「分類」の使い方

「分類」は、複数のものごとや現象などを、何かしらの基準に従って分けて、それぞれまとめることを言います。

専門的に分ける時に使われることが多く、学術的な根拠が使われることもあります。

動植物などは、学術的には「〇〇類・〇〇目・〇〇科」など、非常に細かく分類されています。

「分類」されたグループのことを「カテゴリ」と呼び、筋を通す為にも全てが同じ基準により公平に分けられる必要があります。

「分別」とは?

「分別」の意味と使い方について紹介します。

「分別」の意味

「分別」は読み方により意味が変わり、以下の2つになります。

「ふんべつ」と読む場合、「ものごとに対する常識や、善悪を判断する能力を身に付けていること」という意味です。

「ぶんべつ」と読む場合、「ゴミなどを、種類により分けること」という意味です。

「分別」の使い方

「分別」は、「ふんべつ」と読む場合、常識をわきまえていることや、善悪の判断が付くことを言い、人の性質に対して使われます。

「ぶんべつ」と読む場合、基本的にゴミを分ける時に使われます。

「分類」と同じ様に種類により分けることを言いますが、「分別」の場合、学術的ではなく、焼却処分にしたり、資源として再利用するそれぞれの目的に応じてルールを定めて分けることに使われます。

その後の利用方法に従い、ゴミの素材に合わせて分けていることを表します。

「分類」と「分別」の違い!

「分類」「ものごとを種類別に分けること」です。

「分別」「良識があること」「ゴミなどを処理目的に応じて分けること」です。

まとめ

今回は「分類」「分別」の違いをお伝えしました。

「分類は種類分け」「分別はゴミの仕分け」と覚えておきましょう。