「判別」と「区別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「判別」と「区別」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「判別」「区別」の違いを分かりやすく説明していきます。

「判別」とは?

「判別」の意味と概要について紹介します。

「判別」の意味

「判別」「はんべつ」と読みます。

意味は「ものごとの性質、種類などにより分けること」です。

「判別」の概要

「判別」は、ものごとに対して、外見や中味などを比較して、基準と照らし合わせながら会っているかどうか考えて分ける作業のことを言います。

ぱっと見て明らかに違うという場合もあれば、よくよく比較しないと分らないこともあります。

また、最初の時点でその条件に合うものがあるのか、ないのかが分からない時にも使います。

「判」「わかる」とも読み、「文書などに押す印」「紙や本などの大きさを示す言葉」「ものごとの優劣・可否などをよく考えて決めること」という意味、「別」「わかれる」とも読み「ある物同士の違い」「一緒ではないこと」「他のもの」「普通のものとは異なること」という意味、「判別」「ある物同士の違いをよく考えて決めること」という意味です。

「区別」とは?

「区別」の意味と概要について紹介します。

「区別」の意味

「区別」「くべつ」と読みます。

意味は「あるものと他のものとが違っていると判断して分けること」です。

「区別」の概要

「区別」は、ある物との違いがはっきりとしているものを分けることを言います。

最初から違いが分かっていて、しかも「正しいもの」が目の前にあり、それを分ける時の表現です。

つまり、複数ある中でも必ず条件に該当するものがあり、その違いが明確に分っている時に使われるのです。

「区」「いくつかに分けられた地域」「行政上の区画」「選挙区」という意味で、「区別」「ある物同士の違いで幾つかに分けること」という意味です。

「判別」と「区別」の違い!

「判別」「合っているか考えながら分けること」です。

「区別」「明らかに違いがあるものを分けること」です。

まとめ

今回は「判別」「区別」の違いをお伝えしました。

「判別は考えて分ける」「区別は違いがあって分ける」と覚えておきましょう。