「非難」と「誹謗中傷」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非難」と「誹謗中傷」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「非難」「誹謗中傷」の違いを分かりやすく説明していきます。

「非難」とは?

「非難」の意味と使い方について紹介します。

「非難」の意味

「非難」「ひなん」と読みます。

意味は「人の欠点や間違いなどを取り上げて責めたてること」になります。

「非難」の使い方

「非難」は、相手の間違いや欠点などを一方的に責めたり問いただすことを言います。

「非」「あらず」とも読み、「そうではないこと」という意味、「難」「むずかしい」とも読み、「とがめる・なじる」という意味、「非難」「間違いをとがめたりなじったりする」という意味です。

「非難」はどちらかというと、手厳しく相手をとがめたり、感情的になじったりするという意味が含まれます。

例え本当のことであっても、相手を傷つけたり、怒らせたりする可能性がありまS。

「誹謗中傷」とは?

「誹謗中傷」の意味と使い方について紹介します。

「誹謗中傷」の意味

「誹謗中傷」「ひぼうちゅうしょう」と読みます。

意味は「他人をののしる事」「根拠のない悪口や嫌がらせを広めること」になります。

「誹謗中傷」の使い方

「誹謗中傷」は、他人のことをののしったり、噂やネット上で悪口や嫌がらせを広めることを言います。

四字熟語ではなく、「誹謗」「中傷」が組合わさってできた言葉です。

「誹謗」「他人のを悪く言うこと」という意味、「中傷」「根拠のないデマを言いふらして人の名誉を傷つけること」という意味です。

最近ではネット上で嫌がらせデマを流されて、相手を傷つける行為が目立っています。

「非難」と「誹謗中傷」の違い!

「非難」「相手の欠点や間違いを責め立てること」です。

「誹謗中傷」「相手をののしったり、嫌がらせやデマを流されること」です。

まとめ

今回は「非難」「誹謗中傷」の違いをお伝えしました。

「非難は相手の悪い点を責める」「誹謗中傷は根拠のないデマや悪口を広める」と覚えておきましょう。