スポンサーリンク

「レビュー」と「プレビュー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レビュー」と「プレビュー」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レビュー」「プレビュー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レビュー」とは?

「レビュー」とは?

「レビュー」の意味と使い方について紹介します。

「レビュー」の意味

「レビュー」とは「再調査・再検討」「文芸・芸能などに関する評論や批評記事のこと」という意味です。

「レビュー」の使い方

「レビュー」は、元々は「見直す」という意味ですが、ビジネスなどで「再確認する」「誰かの作品を他人が一表する」という意味で使われます。

基本的に、過去のものごとに対して、振り返りを行うことを言うのです。

「レビュー」は英語で“review”と書き、「re」「再度」という意味、「view」「見る」「眺望」という意味ですので、「見直す・批評する・再調査する・回想する」など、日本語の「レビュー」とほぼ同じ意味になります。

最近では、通販サイトなどで個人が利用した商品やサービスについて感想をコメントすることにも使われています。

「プレビュー」とは?

「プレビュー」とは?

「プレビュー」の意味と使い方について紹介します。

「プレビュー」の意味

「プレビュー」「映画・演劇の一般公開前に行う試写・試演」「コンピューターのソフトで、印刷前にイメージを画面上で確かめること」という意味です。

「プレビュー」の使い方

「プレビュー」は、ものごとを前もって確認することを言います。

パソコン用語として、印刷前に画面上でイメージを確認することに対して使われたり、映画の試写会や、演劇の公開稽古に対しても使われます。

基本的に、これから起きるものごとに対して、確認を行うことを言うのです。

「プレビュー」は英語で“preview”と書き、「pre」「前もって」という意味で、「下見」「試写」など、こちらも日本語の「プレビュー」とほぼ同じ意味で使われています。

「レビュー」と「プレビュー」の違い!

「レビュー」と「プレビュー」の違い!

「レビュー」「過去に起きたものごとに対して再確認や批評をすること」です。

「プレビュー」「これから起きるものごとに対して下見をすること」です。

まとめ

まとめ

今回は「レビュー」「プレビュー」の違いをお伝えしました。

「レビューは過去のこと」「プレビューは未来のこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物