スポンサーリンク

「レジュメ」と「アジェンダ」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レジュメ」と「アジェンダ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レジュメ」「アジェンダ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レジュメ」とは?

「レジュメ」とは、「講義・資料・書籍・議論などの要約や概略」を意味するフランス語です。

フランス語で“resume”と表記します。

「レジュメ」には、「学術論文を要約した資料・サマリー」「研究・講義やゼミなどの内容を要約したプリント資料」という意味合いもあります。

アメリカで「レジュメ」という場合には、法人に提出する「履歴書・職務経歴書」を意味していることが多くなります。

「アジェンダ」とは?

「アジェンダ」とは「議題・協議事項」を意味している英語で、「会議において話し合うべき内容・事柄・日程」のことを示しています。

英語で“agenda”と表記します。

「アジェンダ」という表現は、外資系企業や国際機関などで「(具体的な実現可能性のある目標を記した)行動計画・行動目標」といった意味合いも持っています。

「レジュメ」と「アジェンダ」の違い!

「レジュメ」「アジェンダ」の違いを、分かりやすく解説します。

「レジュメ」「アジェンダ」「会議の時に提示されることのあるプリント・資料」という意味合いでは似ている部分もありますが、「レジュメ」というのは「内容の要約(内容を要約した資料)・会議や講義などの概略」を意味しています。

「レジュメ」の中心的な意味は「会議・講義・資料などの要約・概略」にありますが、「アジェンダ」というのは「会議で話し合おうとしている議題・協議事項(会議の日程)」を意味しているという明確な違いがあります。

また「レジュメ」には「(米国の企業における)履歴書」の意味がありますが、「アジェンダ」にはその意味はありません。

「アジェンダ」にも「レジュメ」にはない「実現可能な行動計画」の意味があります。

まとめ

「レジュメ」「アジェンダ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「レジュメ」とは「要約や概略・履歴書」を意味していて、「アジェンダ」「会議で話し合うべき内容・組織団体の行動計画」を意味している違いがあります。

「レジュメ」「アジェンダ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。