「遂行」と「実行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「遂行」と「実行」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「遂行」「実行」の違いを分かりやすく説明していきます。

「遂行」とは?

「遂行」とは?

「遂行」の意味と使い方について紹介します。

「遂行」の意味

「遂行」「すいこう」と読みます。

「ついこう」と読み間違わない様に注意しましょう。

意味は「与えられた任務や仕事を最後までやること」になります。

「遂行」の使い方

「遂行」は、名詞として助動詞を伴い「遂行する・した」として使うことが多くなります。

「遂」「成し遂げる」で、「行」「おこなう」という意味で成り立っている言葉です。

「ものごとをやること」だけではなく、「最後までやり終えること」を意味しています。

ただし、現在進行中であっても「遂行中」「遂行しつつある」など、「最後までやり終えることを前提に」使われることもあります。

「実行」とは?

「実行」とは?

「実行」の意味と使い方について紹介します。

「実行」の意味

「実行」「じっこう」と読みます。

意味は「実際にやること」「刑法で、故意に犯罪を起こした人」「コンピュータのプログラムを走らせること」になります。

「実行」の概要

「実行」は、名詞として助動詞を伴い「実行する」と使う他に、「実行犯」「実行可能」「実行委員」など、複合語として使います。

「実」「本当のこと」「絵空ごとではない」という意味で、「本当にやること」を強調しています。

現在計画中であったり思い描いているのことを、本当にやる時に使われる表現で、「強い意思を持って何かをする」というニュアンスがあります。

つまり、日常的な動作に関して「買い物を実行する」「歯磨きを実行する」などとは使いません。

「遂行」と「実行」の違い!

「遂行」と「実行」の違い!

「遂行」は、「ものごとを最後までやり終えること」です。

「実行」は、「強い意思を持って本当にやること」です。

まとめ

まとめ

今回は「遂行」「実行」の違いをお伝えしました。

「遂行」「最後までやること」で、「実行」「本当にやること」と覚えておきましょう。