「対照」と「対称」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「対照」と「対称」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「対照」「対称」の違いを分かりやすく説明していきます。

「対照」とは?

対を照らすと書いて、「対照」

漢字の意味から考えれば、対になるものを照らし合わせるといった意味となります。

ものごとなどを照らし合わせ比べるといった意味があり、そのほか、全く異なった性質を持つものを並べ比較した場合、その違いが際立つといった意味があります。

このような意味から類語は「対比」「比較」などとなり、対義語は、「一致」「合致」となります。

「対照」の使い方

「対照」には、「対照語」「対照研究」「対照表」「対照的な方法」などがあります。

「対称」とは?

「対称」「称」には、つりあうといった意味があります。

そのことから、「対称」には、2つのものが釣り合っている、釣り合いを保つことができている、といった意味があります。

図形などでは、2つの図形がお互い向き合った状態にあることを意味し、算数や数学などで「対称」という言葉はよく用いられます。

このような意味から類義は、「シンメトリック」「シンメトリー」などとなり、対義語は、「非対称」となります。

「対称」の使い方

図形での「点対称」「線対称」「面対称」「対称軸」「対称点」などの使い方があるほか、「左右対称」などがあります。

「対照」と「対称」の違い

「対照」には、2つのものを照らし合わせ比べるといった意味があり、「対称」には、2つのものが釣り合っている、釣り合いを保つことができている、といった意味があります。

そのため、対するものにおいての意味に大きな違いがあると言えるのです。

同じ読み方でも意味が全く異なるため、正しい意味を考えた使い方を求められるものとなります。

その際、迷ったときは漢字の意味を考え「対照」には、照らすといった言葉が用いられているため、照らし合わせる。

一方、「対称」には、つりあうといった意味の漢字が用いられていることから考え、互いに釣り合うという意味だと考えると間違えにくくなります。

「対照」の例文

・『同じ兄弟でありながら活発的な兄と内向的な弟は、対照的な存在です。』

・『二人は、対照的な性格です。』

・『対照的な考えの二人ですが、企画会議などではそれが良い方向に向くことが少なくありません。』

・『必ず原本とコピーを対照してください。』

「対称」の例文

・『僕は、左右対称なシンメトリーのデザインが大好きです。』

・『息子が左右非対称の髪形にカットし、見慣れるまでに時間がかかりました。』

・『我が家のインテリアは基本、対称を基本としています。』

・『小学生のころ算数で点対称を習ったとき、理解するまでに時間がかかりました。』

まとめ

同じ読み方でも、まったく意味が異なるため、正しい意味を踏まえた使い分けが必要となるため、よく意味を理解し、そのうえで適切な使い分けが求められる、そんな言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物