スポンサーリンク

「オーガニックカラー」と「イルミナカラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オーガニックカラー」と「イルミナカラー」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オーガニックカラー」「イルミナカラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オーガニックカラー」とは?

オーガニック成分を使用したヘアカラー剤のことです。

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使用せずに栽培した作物や、それらを使用している添加物不使用な食品のことです。

「オーガニックカラー」には、化学肥料や農薬を使用せずに栽培した植物から抽出した原料が使用されています。

どのようなオーガニック成分を使用しているかは、製品によってさまざまですが、頭皮や髪へのダメージを抑える成分が配合されていることが少なくありません。

また、パラベン、シリコン、ラウリル硫酸ナトリウムなど、頭皮や髪に負担をかけるような成分は配合していないものもあります。

こういったことから、頭皮や髪に優しいといわれています。

しかし、髪を染める仕組み自体はケミカル成分使用のヘアカラーと変わりありません。

「オーガニックカラー」というとすべて植物原料からできているように感じますが、そうではありません。

100%植物原料で染めたいなら、ヘナを使用するとよいでしょう。

「オーガニックカラー」は100%植物原料を意味するのではなく、成分の一部にオーガニック成分を使用しているという意味です。

「オーガニックカラー」には、においが少ない、刺激が少ない、環境に配慮しているといったメリットがあります。

しかし、色のバリエーションが少ない、ハイトーンのカラーは出にくいといったデメリットがあります。

「オーガニックカラー」の使い方

化学肥料や農薬を使用せずに栽培した作物から得ている成分を使用したヘアカラー剤を指して使用する言葉です。

どのくらいの割合オーガニック成分を配合しているかは、日本の場合は定義されていません。

「イルミナカラー」とは?

WELLAが開発したヘアカラー剤です。

髪には金属イオンが含まれており、ヘアカラー剤に含まれる成分と過剰反応をして、髪を傷めてしまうことがあります。

「イルミナルカラー」はこの点に着目をした、髪の負担をできるだけ減らしながら染めるものです。

日本人が髪を染めると赤っぽくなってしまうことがありますが、「イルミナルカラー」は日本人の髪質にあった、柔らかい発色となっています。

光を含んだ優しい色合いです。

カラーは全9色で、スターダスト、オーシャン、サファリなどを用意しています。

サロン専用のヘアカラー剤で、サロンだけでこのカラーを試すことができます。

「イルミナカラー」の使い方

WELLAが開発したヘアカラー剤を指して使用します。

「オーガニックカラー」と「イルミナルカラー」の違い

どちらもヘアカラー剤のことです。

前者はオーガニック成分を使用しているもので、後者はWELLAが開発したものである点に違いがあります。

まとめ

どちらの言葉もヘアカラー剤を指しているのですが、どのような成分を使用しているのか、誰が開発したのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物