スポンサーリンク

「生まれる」と「産まれる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生まれる」と「産まれる」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生まれる」「産まれる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生まれる」とは?

「生まれる」とは?

「生まれる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「生まれる」「うまれる」と読みます。

「生む」という言葉には、人が子供を出産すること、また、動物が卵などを出産することを意味する言葉になります。

そのため「生まれる」は、「子供が胎内から出ること。

卵からかえること。

誕生すること」
を意味します。

例えば、ニワトリが卵からかえることを、「ニワトリが生まれる」と言います。

また、子供が母親の胎内から外に出てくることを「子供が生まれる」と言います。

次に「生まれる」には「新しく作り出されて、世に出ること」という意味があります。

例えば、最近できた制度に対して、「新しい制度が生まれる」などと言います。

さらに「生まれる」には「ある状況や感情が生じること」という意味があります。

例えば、彼氏が浮気しているかもしれないという感情が生じるときに、「浮気疑惑が生まれた」などと言います。

「産まれる」とは?

「産まれる」とは?

「産まれる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「産まれる」「うまれる」と読みます。

「産む」は、動物や人が出産することを意味します。

そのため、「産まれる」には、「子供が胎内から出ること。

動物が卵からかえること」
という意味があります。

基本的に、「産む」という言葉を使うのは、出産した瞬間に限定されます。

例えば、出産したときのことを思い出しながら、「〇月〇日の〇時に、子供が産まれた」というように、「産まれる」という言葉を使うことはおかしくありません。

しかし、単に「私は生まれた」という場合は、「私は産まれた」とは表記しないため注意しましょう。

このように「産まれる」は、人が胎内から出るときなどに使用しましょう。

「なかなか赤ちゃんが産まれてこないため、帝王切開にすることになった」という文章を作ったり、「子供が産まれるときは、そばにいてほしい」などという文章を作ることができます。

「生まれる」と「産まれる」の違い

「生まれる」と「産まれる」の違い

「生まれる」「産まれる」の違いを、分かりやすく解説します。

「生まれる」は、「子供が胎内から出ること。

卵からかえること。

誕生すること」
を意味します。

一方で「産まれる」は、「子供が胎内から出ること。

動物が卵からかえること」
という意味があります。

どちらも同じ意味ですが、出産時に限定されるのが「産まれる」で、時間に関係なく使用できるのが「生まれる」だという違いを知っておきましょう。

また、「疑惑が生まれる」「設備が生まれる」などという使い方はできますが、「問題が産まれる」「ビルが産まれる」などという使い方はしないことも知っておくといいでしょう。

まとめ

まとめ

「生まれる」「産まれる」の違いについて見てきました。

2つの言葉には大きな違いがありました。

生まれた瞬間のみ、「産まれる」という言葉を使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物