スポンサーリンク

「出会う」と「出逢う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出会う」と「出逢う」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ言葉でも少しニュアンスが異なる「出会う」「出逢う」

この記事では、「出会う」「出逢う」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「出会う」とは?

「出会う」とは?

「出会う」という文字に用いられている「会う」には、単にある場所で人と人が一緒になる、お互いを認識する、といった意味を持ちます。

この場合、「会う」人数に決まりはなく、一対一でも「会う」

複数人でも「会う」となります。

そのことから、「出会う」の意味も、ある場所で誰かと「出会う」

約束している場所で「出会う」

クラスメイトに「出会う」などといった意味となります。

この「出会う」に劇的な感動や感情などは含まれず、単純に誰かと会ったことを意味するものとなります。

「出会う」の使い方

「出会う」の場合、「友達と出会う」といったような使い方のほか、「出会い頭」「出会いの場」などといった言葉もあります。

「出逢う」とは?

「出逢う」とは?

「出逢う」という文字に用いられている「逢う」には、単に人とあう、といった意味ではなく、ごく親しい人、好きな人、といった人と「逢う」いった意味があります。

そのため、「逢う」人は、基本、1人です。

一対一で「逢う」こととなります。

そのことから、「出逢う」も親しい人や好きな人と「出逢う」際に用いられ、特に運命の出逢いなどといった気持ちのこもった言葉として用いられることが多くなります。

「出逢う」の使い方

「出逢う」の場合、「好きな人と出逢う」などといった使い方が基本です。

待ち合わせや偶然に関係なく、一対一で親しい人、好きな人と出逢った際に用います。

「出会う」と「出逢う」の違い

「出会う」と「出逢う」の違い

「出会う」「出逢う」には、相手に対する気持ちや人数の違いがあります。

「出会う」の場合、一対一に限られず複数人でも用いられ、また、単に人と人が会う際に用いられる言葉です。

それに対し、「出逢う」の場合は、人数は一対一に限られ、親しい人、好きな人と逢う際に用いられます。

「出逢う」の場合、運命や宿命ともいえるのです。

「出会う」の例文

「出会う」の例文

・『大勢の人がいたため、なかなか見つけることができなかった友達とやっと出会うことができました』
・『友達の紹介で、大勢の人に出会いました』
・『今回のパーティーで、たくさんの人と出会いました』
・『街中で、偶然、幼馴染と出会って驚きました』

「出逢う」の例文

「出逢う」の例文

・『私は、運命の人と大学で出逢い結婚しました』
・『本当に運命の人と出逢うことなどあるのだろうか』
・『大好きな人と映画館で出逢って運命を感じました』
・『あの時、彼と出逢うことができたおかげで、今の私があると思います』

まとめ

まとめ

以上が、「出会う」「出逢う」の違いです。

同じ言葉ですが、漢字が与える意味やニュアンスが異なります。

そのため、それらを踏まえ、適切に使い分けることで、同じ人とあう行為でも、どのような相手とどのようにあったのかを人に伝えることが可能です。