スポンサーリンク

「未熟」と「未成熟」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「未熟」と「未成熟」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「未熟」「未成熟」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「未熟」とは?

「未熟」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「未熟」「みじゅく」と読みます。

「未熟」「果物や作物などが、まだ十分に熟していないこと。

その様子」
という意味があります。

例えば、庭の柿の木の実が、青くてまだ十分に熟していないと感じられる場合は、「柿の木の実は、まだ未熟だ」と言うことができます。

他にも、「未熟な梅の実を使って、梅干を作ろう」などという文章を作ることができます。

次に「未熟」には、「学問や技術などの経験や修練が、まだ十分でないこと」という意味があります。

例えば、柔道を習っている人がいて、まだまだ修練が足りないと感じたとき、「私はまだ、柔道家として未熟です」などと言うかもしれません。

結婚披露宴の時に、新郎新婦が挨拶をするとき、まだ社会人としての経験や修練が十分でないという意味で、「私たち夫婦は、まだまだ未熟です」など言って、叱咤激励を望む挨拶をする傾向があります。

「未成熟」とは?

「未成熟」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「未成熟」「みせいじゅく」と読みます。

「未成熟」は、「十分に成長、発育していないこと」という意味があります。

特に、果樹や果実に対して、また人間に対して使う言葉になります。

例えば、桃を栽培している農家がいる時、まだ育てている桃が十分に発育していないと感じたとき、「まだ桃が未成熟だから、出荷まで時間がかかる」などと言うかもしれません。

また、新入社員を見たときに、社会人としてまだまだ成長が足りていないと感じらえた場合は、「今年の新入社員は未成熟な人が多い」などと言われるかもしれません。

さらに、「未成熟」「何かをするために適した状態になっていない、何かをする時期が来ていないこと」という意味があります。

例えば、「起業をするにはまだ時機が未成熟だ」などという文章を作ることができます。

「未熟」と「未成熟」の違い

「未熟」「未成熟」の違いを、分かりやすく解説します。

「未熟」「果物や作物などが、まだ十分に熟していないこと。

その様子」
、また「学問や技術などの経験や修練が、まだ十分でないこと」という意味があります。

「未成熟」も基本的に同じ意味を持ちますが、他に「何かをするために適した状態になっていない、何かをする時期が来ていないこと」という意味があります。

このように、「未熟」「未成熟」は意味が重なる部分が大きいですが、「未熟」「一人前ではない」という意味で使われることが多いのに対して、「未成熟」「時期が適していない」という意味で使われることが多いという違いがあります。

まとめ

「未熟」「未成熟」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物