スポンサーリンク

「オフセット」と「オンデマンド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフセット」と「オンデマンド」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「オフセット」「オンデマンド」は印刷分野などで使われることが多い混同しやすい言葉ですが、「オフセット」「オンデマンド」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「オフセット」「オンデマンド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オフセット」とは?

「オフセット」とは?

「オフセット」という表現は、「オフライン(リアル)で版(原本)を作成してからの本格的・機械的な印刷」を意味しています。

「オフセット」は、「版と顔料油性インクを使用して、専用印刷機で高解像度で綺麗な印刷をする形式」の意味合いを持っています。

「オンデマンド」とは?

「オンデマンド」とは?

「オンデマンド」という表現は、「要求された時に要求された内容のサービスを提供すること」を意味しています。

印刷分野における「オンデマンド」とは、「パソコンからデータをプリンタに直接送信して印刷するレーザープリント(カラーダイレクト印刷)の形式」を意味している言葉です。

「オンデマンド」「オフセット」よりも、「小ロット(1000枚以下)なら単価が安い・納期が早い」の特徴を持っています。

「オフセット」と「オンデマンド」の違い!

「オフセット」と「オンデマンド」の違い!

「オフセット」「オンデマンド」の意味の違いを説明します。

「オフセット」とは、「ネットとつながっていないオフラインで版を作成して使う印刷」「顔料油性インクで、版を原本にして専用印刷機で高解像度な印刷をする形式」を意味しています。

それに対して、「オンデマンド」とは「版を作成せずに、パソコンからデータをプリンタに直接送信して印刷するレーザープリント(カラーダイレクト印刷)」を意味しているという違いがあります。

「オフセット」「印刷の質・発色が良いがコスト・納期がかかる」「オンデマンド」「印刷の質はそこそこだが、納品までが早くて安い」という特徴の違いがあるのです。

まとめ

まとめ

「オフセット」「オンデマンド」の意味の違いを丁寧に説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「オフセット」という言葉は、「オフラインで版を作成しての印刷」「顔料油性インクを使用して、原本を作成してから専用印刷機で印刷する形式」を意味しています。

それに対して、「オンデマンド」というのは「要求された時にサービスを提供すること」「パソコンからデータをプリンタに送信して印刷する形式のレーザープリント」の意味を持っています。

「オフセット」「オンデマンド」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。