「出張」と「転勤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出張」と「転勤」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「出張」「転勤」の違いを分かりやすく説明していきます。

「出張」とは?

「出張」とは、仕事において、自分の勤め先、職場ではなく、他の土地に出かけることを言います。

「出張」「出張る」という言葉を音読みしたものとなり、意味は同じとなります。

「出張」の日数は日帰りできる1日から、数日になるものと様々です。

月単位など長くなる場合は「長期出張」とも言い表します。

「今回の出張はどれぐらいかかるかわからない」「出張は疲れるので嫌いだ」「部長は、今週は出張で出社しない」などと使います。

「転勤」とは?

「転勤」とは、同じ官公庁、会社の中で、働く場所が変わることを言います。

「給料はいいが、転勤が多い」「急に転勤と言われて、引越し準備で大変だ」「九州支社に転勤となる」「彼が突然、転勤になったのは左遷という噂がある」などと使います。

「出張」と「転勤」の違い!

「出張」「転勤」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味がまったく違いますので、正しく理解してください。

まず「出張」ですが、これは自分の勤め先、職場を離れて、他の土地へ出かけて仕事をするという意味になります。

例えば他の会社の人、もしくは同じ会社で支社の人と、視察、商談などすることが「出張」する理由です。

仕事内容によってはその土地に数日から数か月留まることもありますが、その場合は「長期出張」という言い方になります。

一方の「転勤」ですが、これは同じ会社の中で、勤務地が変わることを言います。

つまり自分の勤務場所がそれまでとは変わり引っ越すといったことになります。

簡単に言うならば「出張は出かけて仕事をする、帰ってくる職場がある」「転勤は同じ会社の中で、違う職場に引っ越す、帰ってこない」ということなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「出張」「転勤」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けていくようにしましょう。