スポンサーリンク

「出勤」と「出社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出勤」と「出社」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「出勤」「出社」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「出勤」とは?

「出勤」とは?

「出勤」の意味と使い方について紹介します。

「出勤」の意味

「出勤」「しゅっきん」と読みます。

意味は、「仕事をすること」「会社で働くこと」です。

「出勤」の使い方

「出勤」とは、自分が与えられた仕事を始めることや、現在仕事をしている状態を言います。

つまり、どこにいても「仕事をしている時間帯」を表す言葉なのです。

仕事の内容や場所に関係なく、現在仕事をしている状態ならば「出勤」と言います。

仕事で外出や出張をして、移動している時間帯も「出勤」であり、当然「リモートワーク」「出勤」になります。

一般的には朝、自宅を出て会社に向かうことを「出勤」と言うことが多くなりますが、行き先などこでも仕事を目的とした行動は「出勤」になるのです。

「出社」とは?

「出社」とは?

「出社」の意味と使い方について紹介します。

「出社」の意味

「出社」「しゅっしゃ」と読みます。

意味は「仕事をする為に会社に行くこと」です。

「出社」の使い方

「出社」は、会社のある建物に仕事をしに行くことを言います。

つまり、「出勤」とは違い、同じ仕事でも会社ではない場所に行く時には「出社」とは言わないのです。

また、「出社」は基本的に会社員に対して使われる言葉で、公務員で役所に行く場合は「登庁」になります。

「出社」はあくまで会社に行くことであり、そこで仕事を開始するかどうかは含まれていません。

始業時間に関係なく、事務所に入った時点で「出社」になるのです。

「出勤」と「出社」の違い!

「出勤」と「出社」の違い!

「出勤」「場所にかかわらず仕事をしている状態のこと」です。

「出社」「自分の勤める会社に行くこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「出勤」「出社」の違いをお伝えしました。

「出勤は仕事をしている状態」「出社は自分の会社に行くこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物