「オーナー」と「店長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オーナー」と「店長」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オーナー」「店長」の違いを分かりやすく説明していきます。

「オーナー」とは?

「オーナー」とは?

「オーナー」とは、「その会社・店舗(お店)を所有している人」のことを意味している経営用語です。

「オーナー」という用語は「その会社・店舗(お店)の所有権や経営権を持っている人」のことを意味していて、具体的には「店主・地主・株主」などが「オーナー」に該当します。

「オーナー」というのは「その会社・店舗の経営権・不動産の所有者(店主・株主など)」であり、「オーナーの意思決定」によって雇われている経営陣・店長などの人事が変えられるケースもあります。

「店長」とは?

「店長」とは?

「店長(てんちょう)」とは、「そのお店の店員の中ではもっとも地位が上の人」のことを意味しています。

「店長」「そのお店における最高責任者」を意味していて、お店で起こった大半の問題(ミス、クレームなど)に対して、どう対応するのかの決定権を持っています。

「店長」という表現は「そのお店でもっとも地位が高い人」を意味していますが、「店長」「会社・オーナーから雇われている立場」である可能性もあります。

「店長」「そのお店の運営・従業員管理を委任されている最高責任者」ですが、会社・店主(オーナー)に雇われる形で「店長」という肩書きで働いているケースも多くなっています。

「オーナー」と「店長」の違い!

「オーナー」と「店長」の違い!

「オーナー」「店長」の違いを、分かりやすく解説します。

「オーナー」「店長」は同じような意味を連想させる言葉で、「店舗(お店)の中で立場が上の人」という意味のニュアンスは共通していますが、「オーナー」は通常、「店長」よりもさらに上の立場の人を意味している違いがあります。

「オーナー」というのは「そのお店・会社の経営権や所有権を持っている人(店主・地主・株主など)」を意味していて、「店長」「オーナーから雇われていることも多い、そのお店における最高責任者(店舗の店員の中では地位がもっとも上の人)」のことを意味している違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「オーナー」「店長」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「オーナー」とは「その店舗・会社などを所有している人(そのお店・会社の所有権を持っている人)」を意味していて、「店長」「その店舗・店員を運営・管理しているそのお店の最高責任者」を意味している違いがあります。

「オーナー」「店長」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。