「看護師」と「准看護」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「看護師」と「准看護」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「看護師」「准看護師」の違いを分かりやすく説明していきます。

「看護師」とは?

「看護師」とは?

「看護師」とは、厚生労働省が所轄する医療系国家資格となります。

医療施設、介護施設をはじめ、保育所、学校、企業、訪問看護など職場はさまざまです。

仕事内容は医師の診療、診察の補助、患者の医療的ケア、患者、その家族の精神面ケアなどとなります。

「准看護師」とは?

「准看護師」とは?

「准看護師」とは、都道府県に認可される資格で、「知事試験」に合格すると取得することができます。

職場は「看護師」と同様ですが、医師、看護師の指導のもとでしか仕事を行えません。

つまり職歴が長くても新人の「看護師」に指示を出すことができないことになります。

また管理職につくことも制限があると言えるでしょう。

とはいえ「准看護師だからこれはできない」という医療行為があるわけではありません。

業務内容はほぼ同じなのです。

「看護師」と「准看護師」の違い!

「看護師」と「准看護師」の違い!

「看護師」「准看護師」の違いを、分かりやすく解説します。

同じ仕事内容とはいえ、「看護師」「准看護師」には大きな違いがあります。

まず資格要件です。

「看護師」は国家資格ですが「准看護師」は認可資格であり国家資格ではありません。

また業務内容も「准看護師」は医師、看護師の指導のもとでしか行えず、看護師に指示を出すことはできないとなっています。

つまり自らの判断において業務が行えるのが「看護師」、行えないのが「准看護師」となります。

仕事内容に大きな違いはありませんが、給料には明らかな差があります。

「准看護師」は短期間で養成できる看護師の補助としてできた資格とされています。

長く働くことを考えますと給料の面からもやはり「看護師」を目指す方が望ましいでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「看護師」「准看護師」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも業務内容はほとんど同じとされています。

しかし取得する単位、試験、給料など違いがあります。

これから目指す人は将来的なこともよく考えて選ぶようにしてください。