「起業」と「創業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「起業」と「創業」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「起業」「創業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「起業」とは?

「起業」とは?

「起業」の意味と使い方について紹介します。

「起業」の意味

「起業」「きぎょう」と読みます。

意味は「新しく事業を始めること」になります。

「起業」の使い方

「起業」は、「創業」とほぼ同じ意味ですが、これからある事業を立ち上げて経営していくことを表す言葉です。

将来のことについて使われる言葉で、「これから会社を立ち上げる時」「新しいビジネスにチャレンジする時」などに使われることが多くなります。

また、「起業家」と言うと、現在社会にあるサービスを更に進化させたり、問題点などを解決してよりレベルアップしたビジネスを展開させるなど、新しいことに挑戦するというニュアンスがあります。

「創業」とは?

「創業」とは?

「創業」の意味と使い方について紹介します。

「創業」の意味

「創業」「そうぎょう」と読みます。

意味は、「その事業を始めてからどれ位経っているか」を表す言葉です。

「創業」の使い方

「創業」は、その営業や事業を開始したのはいつか、どれ位年月が経っているのかなどを表す言葉です。

企業でなくても、個人事業主としてビジネスを開始した日も「創業」に含まれます。

基本的に「昭和〇年に創業」「創業〇周年」など、過去にビジネスがスタートした会社に対して使われる言葉で、「近い将来創業する」などには使われません。

尚、「創業」「その事業を始めた事実」を表す言葉で、会社として登記をしたかどうかということは関係ありません。

「起業」と「創業」の違い!

「起業」と「創業」の違い!

「起業」「これからある事業を立ち上げて運営していくことを表す言葉」です。

「創業」「過去に事業を立ち上げてどれ位の年月が経っているかを表す言葉」です。

まとめ

まとめ

今回は「起業」「創業」の違いをお伝えしました。

「起業はこれからのビジネス」「創業は運営を始めてどれくらい経っているか」と覚えておきましょう。