「軽作業」と「重労働」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「軽作業」と「重労働」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「軽作業」「重労働」の違いを分かりやすく説明していきます。

「軽作業」とは?

「軽作業」とは?

「軽作業」とは、それほど負担が大きくない、軽めの肉体労働という意味になります。

どのような仕事内容が「軽作業」とされているかと言いますと、組み立て作業、ピッキング、検品作業、梱包、シール貼りといったものがあります。

体への負担が「軽い」というだけで、決して疲れない、楽という意味ではありません。

「女性には、軽作業のアルバイトの方がおすすめです」「軽作業ではあるけれど、目が疲れるし肩もこる」「同じ作業を続ける方が好きなので、軽作業のバイトにした」などと、使います。

「重労働」とは?

「重労働」とは?

「重労働」とは、労力、体力を激しく使う労働のことを言います。

反対の言葉は「軽労働」となります。

「重労働」という言葉は刑罰としての意味も持っています。

つまり、刑罰の内容が重い労役ということなのです。

一般的に、日常会話で使われる「重労働」とは、重たい物を運んだり、体力を使う仕事といった意味になります。

「父は重労働を長年しているので、筋肉質だし太ってもいない」「彼女が、あんな重労働に耐えられるわけがない」「君は、こんな重労働を毎日させられているの?」などと、使います。

「軽作業」と「重労働」の違い!

「軽作業」と「重労働」の違い!

「軽作業」「重労働」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも仕事の状態を表す言葉です。

「軽作業」とはそれほど体力を使わない、作業という意味になります。

軽いとは言えども肉体労働ですので、疲れることもありますし、仕事内容が楽という意味ではありませんので誤解しないようにしてください。

一方の「重労働」ですが、これは労力、体力を使う仕事のことです。

重たい物を運ぶといったことがない場合でも、拘束時間が長い、仕事量が多い、給料が安いといったこともある意味「重労働」と言えるでしょう。

まとめますと「軽作業とは軽めの肉体労働」「重労働とは激しく労力、体力を使う仕事、刑罰という意味もある」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「軽作業」「重労働」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けていきましょう。