「収益金」と「売上金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「収益金」と「売上金」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「収益金」「売上金」の違いを分かりやすく説明していきます。

「収益金」とは?

「収益金」とは?

「収益金」の意味と概要について紹介します。

「収益金」の意味

「収益金」「しゅうえききん」と読みます。

意味は、「企業が、会計期間中に営業活動によって獲得したお金のこと」です。

「収益金」の概要

「収益金」とは、会社に入ってくるお金のことで、その主なものは「売上」です。

ただし、本業の売上以外にも入ってくるお金も含まれ、具体的には以下の3つがあります。

「営業収益」は、企業の本業で儲けたお金であり、収益のメインである「売上」のことです。

「営業外収益」は、本業以外から生じる儲けのことで「利息」「配当金」「不動産収入」などがあります。

「特別利益」は、本業以外に臨時で生じた儲けのことで、「不動産売却」「株取引」「為替差益」等があります。

会計上は、これらの「儲け」を含めて「収益」と呼びます。

「売上金」とは?

「売上金」とは?

「売上金」の意味と概要について紹介します。

「売上金」の意味

「売上金」「うりあげきん」と読みます。

意味は、「会社の収益のうち、純粋に商品の販売による儲け金額のこと」です。

「売上金」の概要

「売上金」「収益」の1つで、企業が本業とする商品をどれ位売ったのかを表しています。

実直に自社の商品やサービスに専念している企業は多く、その場合は「収益=売上」と見なすこともあります。

大企業になる程本業以外でも儲けがあることが多く、自社ビルの一部を他の企業に貸して「家賃収入」があったり、他社に融資をして「利息収入」があるなどの場合は、「売上金」ではなく、「受取家賃」「受取利息」などの勘定科目に計上されます。

「収益金」と「売上金」の違い!

「収益金」と「売上金」の違い!

「収益金」「会社が儲けたお金のこと」です。

「売上金」「収益のうち、商品を販売して儲けたお金のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「収益金」「売上金」の違いをお伝えしました。

「収益金は収入全て」「売上金は商品を販売した金額のみ」と覚えておきましょう。