スポンサーリンク

「スポーツインストラクター」と「スポーツトレーナー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スポーツインストラクター」と「スポーツトレーナー」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スポーツインストラクター」「スポーツトレーナー」の違いを分かりやすく説明していきます。

仕事選びのヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

「スポーツインストラクター」とは?

「スポーツインストラクター」とは?

スポーツトレーナーとは、ヨガを教えたりキッズダンスの指導をしたり、体を動かす楽しさを伝える仕事です。

フィットネスクラブの先生が、スポーツインストラクターです。

そもそもスポーツインストラクターの「インストラクター」には「アドバイスする」という意味があります。

テニスやゴルフがもっと上手くなるようにアドバイスしたり、プロポーションを保つためのエクササイズを伝えたりします。

スポーツの楽しさを伝えて、体を動かす喜びを知ってもらうのがスポーツインストラクターの役目です。

スポーツインストラクターは、運動が好きな人なら誰でもなれます。

スキルアップのために、ヨガやダンスなど民間の団体がおこなっている資格にチャレンジすることもできます。

転職にも人気がある、おしゃれな仕事です。

「スポーツトレーナー」とは?

「スポーツトレーナー」とは?

スポーツトレーナーとは、筋肉を鍛えるためのトレーニング法や食生活の指導をおこなう仕事のこと。

プロのアスリート選手をサポートすることもある、やりがいのある職種です。

フィットネスジムやプロチームに就職をおこない、幅広く活動をしていきます。

もともと「スポーツトレーナー」のトレーナーには「訓練する」という意味があります。

もっと強い体になるためのハードな練習を、サポートする人がスポーツトレーナーです。

そのため運動選手のそばで、ストレッチの指導や練習方法のアドバイスをおこないます。

オリンピックに出場するような選手に付く場合は「専属トレーナー」として24時間指導をおこないます。

海外遠征にも同行する、中身のこい仕事です。

スポーツトレーナーは、志の高い人なら誰でもなれます。

ちなみに錦織圭選手の元スポーツトレーナーだった中尾公一さんは、元プログラマー。

幼い頃の夢をかなえるために脱サラして、スポーツの世界に進みました。

その気になれば、誰でもなれる夢の仕事です。

「スポーツインストラクター」と「スポーツトレーナー」の違い

「スポーツインストラクター」と「スポーツトレーナー」の違い

どちらもスポーツを支える仕事です。

「スポーツインストラクター」「スポーツトレーナー」の違いを、分かりやすく解説します。

・トータルケアはトレーナー
「スポーツインストラクター」は水泳やフラダンスなど、個別のメニューを教える仕事です。

小さな子から社会人まで、運動の楽しさを伝えます。

そして「スポーツトレーナー」は運動能力の向上から、食生活の指導、リハビリまでトータルケアの指導をおこないます。

専門的なのがインストラクター、多領域なのがトレーナーです。

まとめ

まとめ

「スポーツインストラクター」「スポーツトレーナー」の違いを分かりやすくお伝えしました。

スポーツインストラクターは、エアロビや水泳など個別のメニューを教える仕事です。

そしてスポーツトレーナーは選手の状態にあわせた指導や食生活のアドバイスをおこなう仕事です。

仕事探しのヒントにしてみてください。