「人材紹介」と「転職サイト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人材紹介」と「転職サイト」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人材紹介」「転職サイト」の違いを分かりやすく説明していきます。

「人材紹介」とは?

「人材紹介」とは?

「人材紹介」とは、利用者が職業紹介事業者に登録を行って利用する転職サービスです。

その事業者が利用者の希望条件やスキルから判断し、その人に合いそうな採用を希望している会社があれば、紹介してもらうことができます。

あくまで紹介までなので、そこから先は、当人と会社側との面接になりますが、希望条件などを予め事業者に伝えておいてあるので、その辺りは自ら応募する場合よりスムーズです。

また、一般には募集していない会社への紹介も行ってくれる為、1人で転職に向けて活動するより、自分に合った会社を見付けられる可能性が広がります。

「転職サイト」とは?

「転職サイト」とは?

「転職サイト」は、そのサイトに掲載されている会社に応募したり、登録した内容によっては会社側からオファー(スカウト)が来る場合もあるという利用方法になる転職サービスになります。

サイトによって掲載されている会社が異なる為、いくつかに登録し、利用している人も多く居ます。

ですが、オファーがあったとしても、転職サイト側が間に入ってくれるという訳ではない為、自分で転職先を見付けるという使い方になると考えてください。

「人材紹介」と「転職サイト」の違い

「人材紹介」と「転職サイト」の違い

「人材紹介」「転職サイト」の違いを、分かりやすく解説します。

「人材紹介」は、利用すると、条件などが合うと思われる会社を紹介してもらえるサービスです。

その中から選べるので、自分で転職先となる会社を探す必要はありません。

「転職サイト」は、掲載されている中から応募する会社を探すという使い方になります。

登録内容によるスカウトを受ける場合もありますが、そのサイトが仲介してくれる訳ではない為、応募から自分で行わないといけません。

中には専属の担当者が付くというサイトもありますが、「人材紹介」まで親身になってくれる訳ではないので、自分で転職先を探す為の利用になると考えておいてください。

まとめ

まとめ

「人材紹介」「転職サイト」は、このように違います。

「人材紹介」は、紹介された中から応募先を選べる点が優れていますが、あまりその紹介がない場合もあるので、自ら「転職サイト」で探す方が早いという人も少なくなく、どちらが合っているかは人それぞれです。