「事業継承」と「事業承継」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事業継承」と「事業承継」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「事業継承」「事業承継」の違いを分かりやすく説明していきます。

「事業継承」とは?

「事業継承」とは?

「事業継承(じぎょうけいしょう)」とは、「先代の経営者から会社の事業を実際の仕事を中心にして受け継ぐこと」を意味している経営用語です。

「事業継承」「継承」という言葉には、「具体的な事業内容・権利・財産・資格・身分などを引き継ぐ」「引き継いでから理念的なものをうけたまわる」の意味合いがあります。

そのことから、「事業継承」の言葉は「先代の経営者から会社の事業を具体的な権利・義務・財産を中心にして引き継ぐこと」を意味しています。

「事業承継」とは?

「事業承継」とは?

「事業承継(じぎょうしょうけい)」とは、「先代の経営者から会社の事業を理念・目標も含めて受け継ぐこと」を意味している経営用語です。

「事業承継」「承継」の表現には、「抽象的な事業の精神・理念・価値観・思いなどを受け継ぐ」「理念的なものをうけたまわってから引き継ぐ」の意味合いがあります。

そのことから、「事業承継」の言葉は「先代の経営者から会社の事業を抽象的な理念・目的・価値観なども含めた形で引き継ぐこと」を意味しています。

「事業承継」は、「法律条文・契約書などで一般的に使われている漢字表記」にもなっています。

「事業継承」と「事業承継」の違い!

「事業継承」と「事業承継」の違い!

「事業継承」「事業承継」の違いを、分かりやすく解説します。

「事業継承」「事業承継」「先代の経営者から会社の事業を引き継ぐこと」を意味している経営用語としての意味は共通していますが、「事業継承の継承」「事業承継の承継」の間には微妙な意味のニュアンスの違いがあります。

「事業継承」「継承」という言葉は「前の人の身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと」を意味しているのに対して、「事業承継」「承継」「前の人の地位・事業・精神性(価値理念)などを引き継ぐこと」を意味している違いがあるのです。

そのため、「事業継承」「先代から具体的なビジネスの権利・資格・財産を受け継ぐこと」に意味の重点があり、「事業承継」「先代から抽象的なビジネスの目的理念・価値観などを受け継ぐこと」に意味の重点があるのです。

また「事業承継」のほうが「事業継承」よりも、「法律・条文・契約書の文章において一般的に使われている」という違いもあります。

まとめ

まとめ

「事業継承」「事業承継」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「事業継承」とは「先代から事業の具体的な権利・財産・経営者の地位などを引き継ぐこと」を意味していて、「事業承継」「先代から事業の抽象的な目標・理念・精神性なども含めて受け継ぐこと、法律や契約書などで使用される漢字表記」を意味している違いがあります。

「事業継承」「事業承継」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。