スポンサーリンク

「事業計画」と「経営計画」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事業計画」と「経営計画」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「事業計画」「経営計画」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「事業計画」とは?

「事業計画」とは?

「事業計画」とは、新しい事業を始める前に作る、どのような事業なのかの内容や、資金はどれくらい必要なのか(その内訳)、損益分岐点はどこか、などの詳細な計画になります。

全て自己資金で始める場合にはそれほど詳しいものは作成しないことも多いですが、その為に銀行などから融資を受けたいと考えた時には、これがいかに具体的で、成功する可能性が高いと思えるかが大きなポイントになると言えるでしょう。

これによって、融資が受けられるかどうかが決まると言えるからに他なりません。

「経営計画」とは?

「経営計画」とは?

「経営計画」は、自分の行っている事業の今後の為の計画です。

今後の方針や売上(利益)目標、展開などを具体的にここで挙げることで、その達成に向けて進んでいくことができるのがこの作成の目的になります。

企業でも、1年ごとに来年度の「経営計画」といった形で作られるもので、借り入れ金がある場合にはその返済計画まで含まれ、新製品の企画や予想の売れ行き、採用計画なども具体的にここに挙げていくところが個人事業の場合より大きくなる部分です。

どれくらいの内容まで挙げるのかと決まっている訳ではありませんが、より詳細にするほど、具体的なビジョンが見えてくるのは間違いありません。

「事業計画」と「経営計画」の違い

「事業計画」と「経営計画」の違い

「事業計画」「経営計画」の違いを、分かりやすく解説します。

このように、「事業計画」は、事業を始める前に、それに対して作成するもので、「経営計画」は、事業が立ち上がってから、もしくは既に続けている事業の今後の計画になります。

まとめ

まとめ

「事業計画」「経営計画」は、このような違いがあります。

近年では、独自の「事業計画」によるプレゼンテーションによって、融資を受けられるかどうかという企画も多く行われているようです。