「研修」と「セミナー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「研修」と「セミナー」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「研修」「セミナー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「研修」とは?

「研修」とは?

「研修」の意味と概要について紹介します。

意味

「研修」とは「けんしゅう」と読み、「仕事をする上で必要となる知識や技能を身に付ける為に、一定期間学ぶこと」という意味です。

主に業務の一環として、会社から命令されて行います。

概要

「研修」は、会社がスケジュールを決めて命令してくることが多く、従業員は参加する義務があります。

上司やプロの講師による講習会のこともあれば、グループディスカッションをしたり、実際に現場で実務を行うこともあります。

新人研修は社会人としての心構えやビジネスマナーなどが中心ですが、中堅以上になると一定期間、関連会社に派遣されることもあります。

全て社内向けであり、外部に向けて参加者を公募することはほとんどありません。

「セミナー」とは?

「セミナー」とは?

「セミナー」の意味と概要について紹介します。

意味

「セミナー」とは、「特定のテーマに沿って、知識や技能を習得する目的で開催される集まり」のことです。

そのテーマに興味があったり、仕事上必要だと思う人が、自らの意思で参加します。

概要

「セミナー」は、社内・社外どちらでも開かれるものです。

社内セミナーでは、外部から講師を招待したりすることもあります。

外部セミナーの場合は、その運営業者に自分から申し込んで参加します。

専門性が高く、参加者同士が情報交換をする場にもなっています。

「研修」と「セミナー」の違い!

「研修」と「セミナー」の違い!

「研修」「セミナー」の違いを、分かりやすく解説します。

目的

「研修」は、「現在の仕事に必要とされる知識や技能を身に付ける為に学ぶこと」です。

「セミナー」は、「特定のテーマに興味がある人が集まること」です。

主体性

「研修」は、会社命令により行われることが多く、参加義務があります。

「セミナー」は、自由意思で参加することが多くなります。

まとめ

まとめ

「研修」「セミナー」は、目的と主体性が違います。

どちらも仕事に役立つものですので、積極的に参加しましょう。