スポンサーリンク

「使う」と「遣う」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「使う」と「遣う」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「使う」「遣う」の違いを分かりやすく解釈この記事では、「使う」「遣う」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「使う」とは?

「使う(つかう)」とは、「ある目的を達成するために人・物・身体・道具などを用いること、使用すること」を意味している言葉です。

例えば、「ノコギリを使って木を切りました」「人を使って仕事をしています」などの文章で使われます。

「使う」という表現には、「道具・物を役立てること」「人に何かをさせること」「注意を払って心(神経)を働かせること」「物・金銭・時間などをついやす」の意味合いもあります。

「遣う」とは?

「遣う(つかう)」とは、「使う」とほぼ同じ意味を持つ同音異義語なのですが、一般的な文章では特定の意味のニュアンスがある場合だけに使われる漢字表記になります。

「遣う」というのは「他者・動物・人形などを思い通りにあやつって動かすこと」の意味合いがあり、「サルを使って芸をさせています」などの文章で使えます。

「遣う」という表現には「金遣い」のように「金銭・時間などを何かをするためについやすこと」のニュアンスがあり、「時間を有効に遣っています・お金を遣いすぎました」といった例文で使用されます。

また「遣う」「遣」「派遣」などの熟語で使われるように、「行かせること・遣わすこと」の意味合いも含まれています。

「使う」と「遣う」の違い!

「使う」「遣う」の違いを、分かりやすく解説します。

「使う」「遣う」の同音異義語は辞書的には同じ意味を持つ同義語として掲載されていて、一般的な文書では「使う」のほうがよく使われていますが、「使う」「遣う」では意味のニュアンスの違いがあります。

「使う」という漢字表記の言葉は、「物・道具・身体(能力)・他者などを、ある目的のために使用(利用)すること」という意味のニュアンスが強くなっていて、「車を使って移動する・網を使った漁・頭を使って仕事をする」などの文章で使われます。

使うに対して「遣う」という漢字表記の言葉は、「他者・人形・動物などを思い通りにあやつること」「お金・時間をついやすこと」の意味のニュアンスがあり、「イルカを遣ったショーを見ました・人形遣いの伝統技能」などの文章で使われる違いを指摘できます。

まとめ

「使う」「遣う」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「使う」とは「ある目的のために使用すること、利用すること」を意味していて、「遣う」「他者・動物・人形などを思い通りに動かすこと」「金銭・時間をついやすこと」を意味している違いがあります。

「使う」「遣う」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物