「テナント」と「店舗」の違いとは?分かりやすく解釈!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「テナント」と「店舗」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「テナント」「店舗」の違いを分かりやすく説明していきます。

「テナント」とは?

「テナント」とは、お店として営業する為に、そのように作られた部屋や場所を借りる人のことです。

その為の部屋や場所のこと自体として使われることもあり、「テナントだけど、何とかオープンまで漕ぎつけることができた」のような使われ方になります。

広義には、借りている部屋や場所でお店を開業しているといった解釈になり、百貨店と呼ばれる施設では、このテナントの為のフロアやスペースが多数存在し、色々なブランドやメーカーがそのような場所に出店しています。

「店舗」とは?

「店舗」は、簡単に表現すればお店のことです。

その場所で直接何か販売していたり、サービスの提供を行っている場合に使う言葉で、いわゆる事務所として利用している場合にはこのようには表現しません。

先の「テナント」は、「貸店舗」で商売を行っている人、または「貸店舗」そのものに使う言葉で、物件(建物)1つのことや、雑居ビルの一室、百貨店内のテナント用のスペースなどがそのように表現されます。

この「店舗」は、そのテナントで営業している場合、持ち物件として営業している場合を問わず、お店と呼べる形態であれば使うことができます。

「テナント」と「店舗」の違い

「テナント」「店舗」の違いを、分かりやすく解説します。

「テナント」は、「店舗」を借りて営業している人や、その為の「貸店舗」のことになり、「店舗」は、「貸店舗」での営業も含めたお店の存在に使う言葉になります。

街中で「テナント募集」といった貼り紙のある空き室や店舗型の物件をよく見掛けますが、誰かそこでお店として営業しないかという募集だと解釈してください。

まとめ

「テナント」「店舗」は、このような違いになります。

「テナント」は、「店舗」が持ち物件ではない場合に使われる言葉だと覚えておくといいでしょう。