「もんじゃ焼き」と「お好み焼き」の違いとは?分かりやすく解釈!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「もんじゃ焼き」と「お好み焼き」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「もんじゃ焼き」「お好み焼き」の違いを分かりやすく説明していきます。

「もんじゃ焼き」とは?

「もんじゃ焼き」とは、小麦粉を比較的ゆるく水で溶き、鉄板で調理しながら食べるという料理のことです。

後述する「お好み焼き」の一種とされていますが、関東地方でのみ見られる料理で、中央区の月島が発祥だと言われています。

調子しながら食べるという点がユニークな料理で、小型のヘラを調理とスプーン代わりに共用するのが特徴となっています。

「お好み焼き」とは?

「お好み焼き」は、小麦粉を水で溶いたものにキャベツやその他の野菜、肉、魚介類などが入った鉄板焼きと呼ばれる料理です。

先の「もんじゃ焼き」とは違い、うまく固まったところで完成となります。

その後に鉄板から皿に移して食べる為、こちらでは大型のヘラを裏返しやそれの為に使用します。

ソースやマヨネーズをかけて食べるのが一般的で、更にかつおぶし、青のりもよく一緒にトッピングされます。

「もんじゃ焼き」と「お好み焼き」の違い

「もんじゃ焼き」「お好み焼き」の違いを、分かりやすく解説します。

「もんじゃ焼き」は、関東独特のスタイルと言える「お好み焼き」の一種です。

調理しながら、頃合を見て鉄板から食べることになる為、この形になれば完成というものはありませんが、焼き過ぎると焦げて食べられなくなってしまうので、食べるタイミングがとても大事になります。

「お好み焼き」は、きちんと完成した形があり、その後にソースやマヨネーズ、その他のトッピングと共に食べる料理です。

主に広島風と関西風と呼ばれる2つの種類があり、焼きそばを入れたものは広島風と呼ばれますが、厳密な定義という訳ではありません。

まとめ

「もんじゃ焼き」「お好み焼き」には、このような違いがあります。

「もんじゃ焼き」は、関東以外のお店にはメニューに存在しないことも多いので注意してください。