「マドレーヌ」と「マフィン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マドレーヌ」と「マフィン」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マドレーヌ」「マフィン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マドレーヌ」とは?

「マドレーヌ」とは?

「マドレーヌの意味と概要について紹介します。

「マドレーヌ」の意味

「マドレーヌ」は、「小麦粉と砂糖に、卵黄・卵白、溶かしバターを加えて、貝の形に焼き上げた洋菓子のこと」です。

「マドレーヌ」の概要

「マドレーヌ」は、18世紀にイギリスで発祥した洋菓子で、「溶かしバター」を加えて焼き上げることから「バターケーキ」に分類されます。

「マドレーヌ」には、「アーモンドプードル」という「アーモンドパウダー」が使われ、味わい深さが加わっています。

しかし何と言っても特徴的なのが「貝のシルエット」に焼き上げることです。

これは、その昔スペインに巡礼をするのが盛んであり、旅をする際に携帯用の食器として「貝の殻」を持っていく習慣があったことに由来すると言われています。

「マフィン」とは?

「マフィン」とは?

「マフィン」の意味と概要について紹介します。

「マフィン」の意味

「マフィン」は、「小麦粉と砂糖に、卵黄・卵白、常温パターと牛乳を加えて、丸底のカップ型で焼き上げた洋菓子のこと」です。

「マフィン」の概要

「マフィン」は、他の焼き菓子と比較して「牛乳」が使われるのが特徴です。

「マフィン」と言えばアメリカ発祥のブルーベリーなどを入れ焼き菓子をイメージすることが多くなりますが、実は「イングリッシュマフィン」というイギリスの「マフィン」もあります。

こちらは、発酵させた固めのパンで、甘さは控え目、トウモロコシの粉がかかっています。

朝食としてベーコンなどと一緒に食べるのが一般的です。

「マドレーヌ」と「マフィン」の違い!

「マドレーヌ」と「マフィン」の違い!

「マドレーヌ」は、「溶かしバターを加えて貝の形に焼き上げた洋菓子のこと」です。

「マフィン」は、「常温バターと牛乳を加えて、丸底カップ型で焼き上げた洋菓子のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「マドレーヌ」「マフィン」の違いをお伝えしました。

「貝の形がマドレーヌ」「牛乳が使われて甘さ控えめなのがマフィン」と覚えておきましょう。