「レッサーパンダ」と「パンダ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レッサーパンダ」と「パンダ」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レッサーパンダ」「パンダ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「レッサーパンダ」とは?

「レッサーパンダ」とは、「パンダ」と名前は付くものの、一般的に思い浮かべるあの白と黒の「パンダ」ではなく、アライグマが大きくなったような見た目をしています。

日本でこの「レッサーパンダ」が有名になったのは、千葉市動物公園の「風太」の存在です。

「レッサーパンダ」は後ろ足で人間のように立つことができる動物で、普段はあまりそのようなポーズをとることはありませんが、その「風太」は頻繁にその格好が目撃され、テレビのニュースでも度々話題になりました。

ここから「レッサーパンダ」の存在が世の中に広まり、今日に至っていると言っても過言ではないでしょう。

それまでは日本ではほとんど親しみのない種類の動物でした。

「パンダ」とは?

日本で「パンダ」と言えば、白と黒の「ジャイアントパンダ」のことを想像しますが、この「パンダ」と表現すると、正確には先の「レッサーパンダ」も含めた意味になります。

よって、白と黒のパンダの方は、「ジャイアントパンダ」と表現しないといけませんが、すっかり「パンダ」だけでそちらを指すようになってしまっているので、一般にはその解釈でいいのかも知れません。

「レッサーパンダ」と「パンダ」の違い

「レッサーパンダ」「パンダ」の違いを、分かりやすく解説します。

このように、「レッサーパンダ」「(ジャイアント)パンダ」は別の種類の動物です。

「レッサーパンダ」はレッサーパンダ科で、ジャイアントパンダは熊科の動物なので、動物の大きなカテゴリー分けとなるそこからして違います。

「パンダ」だけで「ジャイアントパンダ」のことを表すのは、日本だけだと考えておいてください。

他の国では、どちらのことなのかと聞き返されてしまいます。

まとめ

「レッサーパンダ」「パンダ」は、このような違いになります。

「パンダ」は、できればきちんと「ジャイアントパンダ」と使うようにしておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物