「一夜干し」と「干物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一夜干し」と「干物」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一夜干し」「干物」の違いの違いを分かりやすく説明していきます。

「一夜干し」とは?

「一夜干し」の意味と概要について紹介します。

意味

「一夜干し」とは「いちやぼし」と読み、「魚などに軽く塩を振り、一晩外気に当てて晒したもの」という意味です。

概要

「一夜干し」は天日に当てずに一晩干すだけですので、軽く水分が抜くことを目的としており、食感が残りますが保存はききません。

常温ではなく冷蔵庫での保存が必要です。

「干物」とは?

「干物」の意味と概要について紹介します。

意味

「干物」「ひもの」と読み、「魚介類などの身を干して乾燥させて作ったもの」という意味です。

1時間干したもの、一夜干し、2日~3日干したもの、1週間干したものなど、全て含まれます。

概要

「干物」は日本だけではなく、保存食として世界中で作られている製法で、魚介類だけではなく様々な食材に使われています。

「干物」は天日や風にあてて水分を蒸発させ、食品を腐敗させる原因になる微生物の活性化を抑えます。

また、乾燥させることでタンパク質が分解されて旨味が増し、独特の食感と風味が出るのです。

「一夜干し」と「干物」の違いの違い!

「一夜干し」は、「『干物』のうち、魚介類に塩を振り、一晩外気に晒して干したもの」です。

「干物」は、「魚介類などの身を干して乾燥させたもの」です。

まとめ

「干物」「魚介類を干したもの」であり、「一夜干し」はその製法の一つを表した言葉です。

「一夜干し」「干物」に含まれると覚えておきましょう。