「カレー」と「ビーフシチュー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カレー」と「ビーフシチュー」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カレー」「ビーフシチュー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「カレー」とは?

「カレー」とは、「複数の種類の香辛料(スパイス)を効かせたカレー粉で味付けをした料理」「スパイスの効いたルーを使った肉・魚・野菜の煮込み料理」のことを意味しています。

「カレー」は単品で食べるよりも、「米飯・パン(ナン)・コーンミールなどの炭水化物と組み合わせて食べる食べ方が多い」という特徴を持っています。

「カレー」はインドが発祥地とされますが、インド人は「カレー」の言葉は用いておらず、香辛料を使ったそれぞれの料理の名前で呼んでいます。

明治時代の日本には、イギリスを経由して「カレー」が輸入されました。

「ビーフシチュー」とは?

「ビーフシチュー」とは、「赤ワイン・牛肉・トマトをベースにしたソースを使い、ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・セロリ・香味野菜などをぐつぐつとしっかり煮込んだコクのある料理」のことを意味しています。

「ビーフシチュー」は日本では「ホワイトシチュー(牛乳・生クリームをベースにして肉・野菜を煮込んだシチュー)」と合わせて、「二大シチューの一つ」になっています。

「ビーフシチュー」には、小麦粉とバターを炒めて作った「ブラウンルー」が用いられるので、見た目はホワイトシチューのような「白色」ではなく「赤茶色」になります。

「カレー」と「ビーフシチュー」の違い!

「カレー」「ビーフシチュー」の違いを、分かりやすく解説します。

「カレー」「ビーフシチュー」「肉と野菜をぐつぐつ煮込んだ料理」という意味では似ている部分がありますが、「カレー」には「いろいろな種類の香辛料(スパイス)が加えられていて、味に多少の刺激感(スパイシーさ)がある」という違いがあります。

「カレー」「ご飯の上にかけるカレーライス」として食べられることが多いのですが、「ビーフシチュー」「通常はご飯の上にはかけずに単品で食べる(ご飯のおかずにすることはある)」という違いもあります。

「ビーフシチュー」「カレー」と比べると、「スパイシーではないが、赤ワイン・牛肉・トマトを煮込んだまろやかでコクのある味わいがある」という味の明らかな違いがあります

まとめ

「カレー」「ビーフシチュー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「カレー」とは「スパイスを効かせたカレー粉で味付けをした料理で、米飯・ナンと組み合わせて食べることが多いもの」を意味していて、「ビーフシチュー」「赤ワイン・トマトをベースにしたソースで、牛肉・ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・香味野菜を煮込んだコクのある料理」を意味している違いがあります。

「カレー」「ビーフシチュー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。