「天才」と「秀才」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天才」と「秀才」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「天才」「秀才」の違いをご存知でしょうか。

ここでは二つの言葉の違いと、それぞれの言葉を使った例文、意味を説明しています。

では一緒に見ていきましょう。

「天才」の意味や使い方

「天才」の意味や使い方

「天才」とは、生まれつき持っている、とても優れた能力、才能のことを言います。

またそのような人のことを言い表す言葉でもあります。

「彼は本物だ、天才なんだ」「彼女が天才ということに、周りの者は誰も気がついてない」「いくら僕が努力したところで、天才には敵わない」などと使います。

「秀才」の意味や使い方

「秀才」の意味や使い方

「秀才」とは、学問や才能に優れている人という意味があります。

「秀才」とは、昔の中国で科挙の科目の一つとされ、その合格者のことでもあります。

つまり「秀才」という言葉には勉強ができる、頭が賢いといったイメージが強くあります。

テストの点がいい人を「彼は秀才だ」と言います。

「天才」と「秀才」の違い

「天才」と「秀才」の違い

「天才」「秀才」、それぞれの言葉の意味、使い方を説明しました。

どちらも優れているという点では同じ意味ですが、言葉の持つ意味としては別のものとなりますので、使い分けるようにしましょう。

まず「天才」とは、生まれつき持っている、とても優れた才能のことを言います。

天という言葉がついていますように、生まれる時に天から授かった才能という覚え方でもいいでしょう。

一方の「秀才」ですが、こちらは学問、才能の優れた人に使う言葉です。

また学問というのは勉強をすることですから、本人の努力でもあります。

努力して身に着けた才能という風に覚えるとわかりやすいでしょう。

この違いを理解しますと、例えばスポーツなどの才能は「天才」という言葉の方が当てはまります。

「秀才」は勉強に関して使うことが多く、運動にはあまり使いません。

「天才」を使った例文と意味を解釈

「天才」を使った例文と意味を解釈

「天才」を使った例文とその意味を見ていきます。

「天才」の例文1

「彼女、勉強は嫌いなようだが、音楽に関しては天才的なものを持っている」

「天才」とは生まれつき持っている優れた才能のことで「天才的」とは「天才」でなければできないと思われるほど優れている時に使う言い方です。

「天才」の例文2

「彼は天才と言われているが、その陰で努力も人一倍している」

「天才」とは持って生まれた才能のことを言います。

例文は、生まれつきできると言われているが、努力だってしているということを言っているのです。

「秀才」を使った例文と意味を解釈

「秀才」を使った例文と意味を解釈

「秀才」を使った例文とその意味を見ていきます。

「秀才」の例文1

「彼は中学の頃、学年一の秀才と言われていた」

「秀才」とは勉強ができる、成績がいい人を言い表す言葉で、例文は「学年で一番勉強ができる」という意味になります。

「秀才」の例文2

「私は努力した秀才タイプで、天才肌ではない」

「秀才」とは本人が努力して身についた才能といった意味合いがあります。

生まれながらの才能である「天才」とは違うということを例文は言っているのです。

まとめ

まとめ

いかがでしたか。

「天才」「秀才」、それぞれの言葉の意味と違いが理解できたのではないでしょうか。

違いを正しく理解して使い分けてください。