「戦士」と「兵士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦士」と「兵士」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では「戦士」「兵士」の違いを分かりやすく説明していきます。

「戦士」とは?

「戦士」とは?

「戦士」の意味と概要について紹介します。

意味

「戦士」「せんし」と読み、以下の2つ意味があります。

1つ目は「戦場で戦う勇士のこと」という意味で、自らの意思で戦うこと選んだ人のことを言います。

2つ目は「企業などの第一線で活躍する人」という意味で、主義や信念を持ち、仕事や思想に打ち込む人のことを言います。

概要

「戦士」「戦う強い人」という意味があり、人から命令されて戦うのではなく、名誉を重んじて自分の意思により「戦うべきである」と判断して行動する人を表します。

軍隊の一人として雇われたり徴兵されるのではなく、自らその戦いに加わっている勇者、という意味もあります。

また、日常的には「企業戦士」など、何かに打ち込んで行動する人に対しても使われます。

「兵士」とは?

「兵士」とは?

「兵士」の意味と概要について紹介します。

意味

「兵士」「へいし」と読み、以下の2つの意味があります。

1つ目は、「軍隊において上司からの命令を受けて戦いに赴くもの」という意味で、前線で戦う人達の構成員です。

2つ目は「昔の律令制で、兵役を課された農民のこと」という意味で、軍団に徴兵された農民のことを言います。

概要

「兵士」は軍隊を構成する一員を表し、上司となる士官の命令で動く、統率された集団です。

国や時代により制度は違いますが、昔は強い将軍の兵士に志願することで給料を貰えたり、出世が期待できることもありました。

近代に入ると「徴兵制」として、健康な男子に兵役を課す国も出てきたのです。

「戦士」と「兵士」の違い!

「戦士」と「兵士」の違い!

「戦士」は、「個人で行動して、名誉を重んじて戦う者」です。

「兵士」は、「国など特定の組織に雇われて戦う者」です。

まとめ

まとめ

「戦士」「兵士」は、志に違いがあります。

ゲームのキャラでも「戦士」の方が「兵士」より人気があるのは違いがはっきりしているからです。