スポンサーリンク

「アサインメント」と「コミットメント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アサインメント」と「コミットメント」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アサインメント」「コミットメント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アサインメント」とは?

「アサインメント」とは?

「アサインメント」は、適材適所という意味で使用例についてはビジネスで人材を適材適所に当てはめる際に「アサインメントに当てはめる」と使用します。

この言葉は、IT系の会社に多い言葉でわざわざ適材適所といえば伝わりやすいのに、あえて英語で「アサインメント」と呼んで人材を割り当てるのです。

「コミットメント」とは?

「コミットメント」とは?

「コミットメント」は、こうすればこうなる、ああすればあのような結果が約束されるという結果や約束が絶対にそうなるというのが「コミットメント」です。

この言葉もビジネスで使用される用語で取り決めた契約を果たせば、契約確定後に約束が絶対果たされるとします。

分かりやすく説明しますと、ダイエットのCMで結果にコミットという物がありますが、あれを「コミットメント」に置き換えると結果を約束するや確定するという絶対であるとするのです。

では、コミットでもよいのでは?と思われるでしょうが、コミットは、「コミットメント」の省略で実は結果や約束を絶対だと言い切りません。

よってCMなどにおいては、コミットが望ましい表現で、何故かというと絶対を保証した場合後からクレームが来た場合CMで嘘を公言したとなるが故、あえて絶対だと言わないわけです。

「アサインメント」と「コミットメント」の違い

「アサインメント」と「コミットメント」の違い

「アサインメント」「コミットメント」の違いは、適材適所と絶対だという約束を意味するかです。

「アサインメント」は適材適所という意味で「コミットメント」は絶対という約束になります。

よって違いは、適材適所と絶対だという違いです。

「アサインメント」の例文

「アサインメント」の例文

・『アサインメントには、債権という意味もある』
この例は、「アサインメント」という言葉は適材適所とという意味の他に銀行などの債権という意味もあります。

債権も一つの適材適所とみなして第3者に与えたり回収をする物なのでこの言葉が使用されます。

「コミットメント」の例文

「コミットメント」の例文

・『どう考えても今月中にゲームの発売というコミットメントは無理だ』
この例は、今月中にゲームを発売する結果を約束するのは無理だという例です。

「コミットメント」は、絶対に実行する約束で、この例はその約束が果たせないと言っています。

まとめ

まとめ

「アサインメント」「コミットメント」については、適材適所に当てはめようとすることか、約束事を絶対とするかです。

「アサインメント」は適材適所に当てはめることなんで債券などを手放したり押し付けることを意味することもあります。

一方、「コミットメント」は、結果を絶対とする約束なのでダイエットの企画であれば、絶対に対象は痩せないといけません。

逆を返せば、「コミット」という言葉を使用すれば約束や決まりを絶対だと言わないので言い方が悪いのですが、約束や決まりを守れなかった場合でも済まされるのです。