スポンサーリンク

「過少申告」と「脱税」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過少申告」と「脱税」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

年末調整や確定申告の手続きは大変なものであり、時に税金を誤魔化すために嘘の申告として「過少申告」をしたり「脱税」をする人も存在します。

この記事では、「過少申告」「脱税」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過少申告」とは?

「過少申告」とは?

「過少申告」とは確定申告において提出した申告納税額が本来のものよりも低い記載になっていることを表す言葉です。

「過少申告」は単純な計算ミスの時もありますが、これが人為的に税金逃れとして行う人も存在します。

このような「過少申告」は税務署によってしっかりとチェックが成されるため、これが露見した場合には「過少申告加算税」が課されます。

さらに条件によっては「延滞税」も課される可能性があるので、事前に確定申告する際には計算ミスを起こさないことが大切になります。

確定申告の期間内で「過少申告」を発見した場合には自主的に修正申告することが可能であり、期限内に間に合えば「過少申告加算税」は加算されません。

「脱税」とは?

「脱税」とは?

「脱税」とは税金を払いたくないという思いから、様々な不正行為や虚偽の申告によって納税額を減らそうとする行為を表す言葉です。

「脱税」には色々なものがあり、経費を水増しする行為、恣意的な過少申告、二重帳簿の作成など多くの脱税事件が日本でも発生しています。

「脱税」は恣意的にする所得隠しや申告漏れの場合には確実に追徴課税が課されますし、場合によっては罰金・懲役刑が課されます。

「脱税」は税金を少なくしたいという意識が存在するものですが、同じような意識を持っている「節税」「租税回避」に関しては合法であるのが特徴です。

不正な手段を用いて税金を回避するのが「脱税」であり、合法的な手段で税金を少なくするのが「節税」なのです。

最近の「節税」には色々な種類があり、特定の控除の利用、投資、経費などは有用なものとして知られています。

「過少申告」と「脱税」の違い

「過少申告」と「脱税」の違い

「過少申告」は恣意的にされた場合には「脱税」となります。

人為的ミスで発生した「過少申告」は確定申告期間内ならば修正申告すれば「過少申告加算税」を貸されることはありません。

対して「脱税」と見なされるものはほとんどが恣意的にされるものであり、追徴課税や罰金、懲役罰が課されます。

「過少申告」の例文

「過少申告」の例文

・『過少申告が存在するとの連絡があり、何とか期限内に修正申告を提出しました』
・『意図的な過少申告があり、その社長は過少申告加算税を支払うことになりました』

「脱税」の例文

「脱税」の例文

・『ベンチャー企業の社長が脱税疑惑で逮捕され、世間を驚かせた』
・『脱税と節税の違いをしっかり義務教育で学ぶべきだと思います』

まとめ

まとめ

納税は国民の義務であり、それに対して虚偽の申告をしたり所得を隠す行為は「脱税」になり様々なペナルティが課されます。

「過少申告」は時にヒューマンエラーとして発生するので、確定申告はしっかりとチェックしてから提出するのが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物