「オンラインサロン」と「情報商材」の違いとは?分かりやすく解釈!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オンラインサロン」と「情報商材」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オンラインサロン」「情報商材」の違いを分かりやすく説明していきます。

「オンラインサロン」とは?

「オンラインサロン」とは、会員制のコミュニティサイトのことです。

その会員にならないと一切閲覧することができず、月額制の会員費を徴収される形で運営されていることが多くなっています。

このようなサイトを利用するメリットは、主宰となる人の専門分野について教授してもらえたり、直接コミュニケーションがとれることとなります。

そのため、主宰は有名人のことがほとんどで、ジャンルはスポーツ、勉学、ビジネスなど様々です。

スポーツであれば、元プロ選手、勉学ならその分野で功績のある人がそれで、ビジネスとなると、一代で何億円企業を立ち上げたような経営者といったような人が主宰となっていると考えていいでしょう。

「情報商材」とは?

「情報商材」とは、それによって利益が得られると言われる情報のことで、DVDやメールの内容などで販売されています。

先の「オンラインサロン」において、ビジネスで成功した人が主宰となっているものでは、そこで語られる話などはこの情報商材の内容に近い場合があります。

ただし、「情報商材」は一方的なものになるので、信憑性としては「オンラインサロン」より低いと言わざるを得ません。

以前にこれが氾濫していた頃には、消費者庁による指導が入ったものもあったくらいです。

「オンラインサロン」と「情報商材」の違い

「オンラインサロン」「情報商材の違い」を、分かりやすく解説します。

「オンラインサロン」は、何もビジネス関係だけでなく、その他のジャンルのものも存在していますが、「情報商材」と呼ばれるものは、ほぼ全てがビジネスで成功できるといった内容のものです。

先のように、一方的にその内容を購入するだけになる点も大きな違いで、販売された内容についてのサポートといったものはまずないと考えていいでしょう。

つまり、それが何の役にも立たなかった場合でも、どうすることもできません。

まとめ

ビジネス系の「オンラインサロン」は、新手の「情報商材」だと言われることがあります。

そのような、それなりの料金が掛かる割にはなあまり役には立たない内容の発信しか行っていないものも増えているので、慎重に見極めて利用してください。