「ラノベ」と「小説」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラノベ」と「小説」の違いアニメ・マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラノベ」「小説」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ラノベ」とは?

「ラノベ」とは?

「ラノベ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ラノベ」とは「ライトノベル」の略語で、意味は「10代の少年少女向けに、シンプルなストーリーでSFファンタジーや恋愛などを描写した創作物語」のことです。

概要

「ラノベ」は、若者向けの小説であり、一般向けの小説よりも会話文や平仮名が多く、読み易い文章で書かれています。

主人公は読者と同年代の少年少女で、アニメ系の挿絵も多く、それぞれのキャラクターをイメージし易くなっています。

1980年代頃から若者向けのジャンルとして確立されました。

「小説」とは?

「小説」とは?

「小説」の意味と概要について紹介します。

意味

「小説」とは、「作者のアイデアにより、社会や人間関係などを一つのストーリーとして散文体で表現した作品」のことです。

概要

小説は、基本的に全年齢が対象になっていて、中には残虐性や性描写が多いものもあります。

完全に著者の創作によりストーリーが構成されていて、架空の人物や場所などが描写されることもあり、ジャンルにより読者の好みが分れます。

挿絵は非常に少なく、キャラクターのイメージや情景などは文章を読んだ読者の想像力次第となります。

「ラノベ」と「小説」の違い!

「ラノベ」と「小説」の違い!

「ラノベ」「小説」の違いを、分かりやすく解説します。

対象年齢

「ラノベ」は、「10代の少年少女が対象」です。

「小説」は、「基本的に全年齢が対象」です。

挿絵

「ラノベ」は、アニメチックなイラストが多く、キャラクターのイメージが既にできています。

「小説「は、挿絵はほとんどなく、全て読者のイメージに任されています。

まとめ

まとめ

「ラノベ」「小説」は、ジャンルが違うだけで創作物語という点では同じです。

もちろん大人でも「ラノベ」が好きという人はいるのです。