「リツイート」と「引用リツイート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リツイート」と「引用リツイート」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツィッターで「リツイート」「引用リツイート」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、それぞれの意味と概要についても紹介します。

「リツイート」とは?

「リツイート」の意味と概要について紹介します。

意味

「リツイート」とは、「他のユーザー名と発言を、自分のツイッター上にそのまま投稿すること」という意味です。

自分のツイッター上に相手の投稿がそのままの形で反対されます。

概要

「リツイート」は、他のユーザーのツイートを見ていて、「これは面白い」「是非他の人に紹介したい」と思い、自分のフォロワーに紹介したい時に使う機能です。

自分のフォロワーのタイムラインに表示させられて、誰がツイートしたのかも表示されたままツイートが可能です。

「引用リツイート」とは?

「引用リツイート」の意味と概要について紹介します。

意味

「引用リツイート」とは、「他のユーザーの発言をコピペして投稿すること」という意味です。

自分のコメントも付けて投稿することもあります。

概要

「引用リツイート」とは、自分のツイートの中に、他のユーザーのツイートを入れ込む形で投稿することです。

自分の発言として反映されるので、元は誰のツイートなのかは分らなくなります。

また、改変されたりして内容が変わってしまう可能性もあります。

「リツイート」と「引用リツイート」の違い!

「リツイート」は、「他の人のツイートをそのままの形で投稿すること」です。

「引用リツイート」「他の人のツイートをコピペして、自分のツイートの中に入れ込んで投稿すること」です。

この2つは元のツイートの反映方法が違います。

まとめ

「リツイート」「引用リツイート」の違いは、「そのまま転用するか、コピペするか」という点です。

どちらもツイッターに備わっている機能ですので、マナーを守って使いましょう。