「まどろっこしい」と「ややこしい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「まどろっこしい」と「ややこしい」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「まどろっこしい」「ややこしい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「まどろっこしい」とは?

「まどろっこしい」とは?

「まどろっこしい」の意味と使い方について紹介します。

意味

「まどろっこしい」の意味は、以下の2つです。

1つ目は、「相手のすることが遅く、イライラする様子」という意味で、相手が行動したり、ものごとを判断するのが遅くて苛立つことを表します。

2つ目は「相手の言いたいことややりたいことがはっきりせず、回りくどくてよく分らない様子」という意味で、手間ばかりかかってものごとが進まない状態を表します。

使い方

「まどろっこしい」は形容詞で、文末にそのまま使ったり、「まどろっこしい表現」など名詞を修飾して使います。

副詞として使う時には「まどろっこしく」になり、名詞形は「まどろっこしさ」です。

漢字で書くと「間怠っこしい」で、「間怠い(まだるい)とい言葉が変化したものと言われています。

「ややこしい」とは?

「ややこしい」とは?

「ややこしい」の意味と使い方について紹介します。

意味

「ややこしい」の意味は、「こみ入っていてわずらわしい様子」のことです。

ものごとが複雑で面倒くさい、手間や時間がかかることを表します。

使い方

「ややこしい」は形容詞で、文末にそのまま使ったり、「ややこしい道」など名詞を修飾して使います。

副詞として使う時には「ややこしく」になり、名詞形は「ややこしさ」です。

「ややこしい」「ややこ」とは、「赤ちゃん」のことで、「赤ちゃんの様に手がかかって大変」という意味出使われる様になりました。

「まどろっこしい」と「ややこしい」の違い!

「まどろっこしい」と「ややこしい」の違い!

「まどろっこしい」「ややこしい」の違いを、分かりやすく解説します。

内容

「まどろっこしい」は、「行動が遅い、回りくどいこと」です。

「ややこしい」は、「こみ入っていて、わずらわしいこと」です。

対象

「まどろっこしい」は、人の行動や判断に対して使われます。

「ややこしい」は、ものごとの状態に対して使われます。

まとめ

まとめ

「まどろっこしい」「ややこしい」は、内容や対象が違います。

不満を表す言葉ですので、使う時には注意しましょう。