「保守」と「サポート」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「保守」と「サポート」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「保守」「サポート」の違いを分かりやすく説明していきます。

「保守」とは?

「保守」とは、名詞で、古くからの習慣、制度、考え方を大事にして急激な改革に反対するという意味があります。

また、正常な状態を保って守るという意味もあります。

どちらの意味合いで「保守」が使われているかは前後にある言葉で判断するようにしてください。

「私は昔から保守的なタイプだ」「保守点検の仕事をしている」「何とか保守しているが、この先はどうなることかわからない」などと使います。

「サポート」とは?

「サポート」とは英語で“support”と書きますが、意味は名詞で支えること、支援すること、支援といった意味があります。

またメーカーで使われる「サポート」の意味合いは、使用者に対しての情報提供、正常な状態を保つためのサービスを言います。

そのような組織、機関を「サポートセンター」と言います。

「わからないことがあるなら、考えるよりサポートセンターに聞いた方が早い」「あのメーカーはサポートがなっていない、二度と買わない」「今後も彼女のサポートをしていく」

「保守」と「サポート」の違い!

「保守」「サポート」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は「正常な状態を保つ、守る」といった意味は共通しています。

「サポート」「保守」は同じ意味とも言えるでしょう。

ただ違いとしては、「保守」とは古くからの習慣、制度、考え方を大事にして、急激な改革は望まない、反対の立場であるといった意味があります。

これは「サポート」にはない意味合いです。

「サポート」という言葉は支える、支援する、その支援といった意味があります。

この違いを覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「保守」「サポート」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉は共通した意味と、それぞれの言葉が持つ別の意味とあります。

意味を正しく理解して混同して使わないように気をつけてください。