スポンサーリンク

「なう」と「わず」の違いとは?簡単に解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「なう」と「わず」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット上で「なう」「わず」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、違いと併せて紹介します。

スポンサーリンク

「なう」とは?

「なう」とは?

「なう」の意味と使い方について紹介します。

意味

「なう」とは、「今〇〇にいる」「今〇〇している」という意味です。

由来は英語の現在進行形“now”を日本語化した言葉で、意味も英語と同じです。

使い方

「なう」が使われる様になったのは、LINEやツイッターが普及したからです。

メールの様に長い文章でやり取りをするツールでは、言葉を短縮する必要はありません。

「今、ディズニーランドに来ています」という文章でも十分です。

しかしLINEはチャット方式、ツイッターにおいては文字数制限があるので、なるべく言葉を短くする必要があるのです。

同じ内容でも「TDLなう」で十分意味が通じて、リアルタイムで手軽にツイートできます。

「わず」とは?

「わず」とは?

「わず」の意味と使い方について紹介します。

意味

「わず」とは、「〇〇した」「〇〇だった」という意味です。

由来は英語の過去形“was”を日本語化した言葉で、こちらも英語と同じ意味です。

使い方

「わず」は、過去に何をしていたのか、既に終わったことをツイートする時に使います。

「焼肉わず」「カラオケわず」など、英語の文法は関係なく使えます。

「なう」と「わず」の違い!

「なう」と「わず」の違い!

「なう」「わず」の違いは、「時制」という点です。

「なう」「現在していること」に対して使い、「わず」「過去にしたこと」に対して使います。

尚、関連語に「うぃる」があり、「〇〇に行く(予定)」「〇〇する(予定)」という意味です。

こちらは英語の未来形“will”が日本化した言葉で「TDLうぃる」「カラオケうぃる」などと使います。

まとめ

まとめ

「なう」「わず」はそれぞれ現在形、過去形の意味があります。

短文で手軽にツイートする時に使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物