スポンサーリンク

「モラハラ」と「パワハラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モラハラ」と「パワハラ」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モラハラ」「パワハラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「モラハラ」とは?

「モラハラ」とは?

「モラハラ」の意味と概要について紹介します。

意味

「モラハラ」「モラル・ハラスメント」の略語で、意味は「道徳や倫理に反する嫌がらせ」のことです。

言葉や態度により、精神的な苦痛を与えることが中心で、暴力など身体的な被害はありません。

概要

「モラハラ」は、言葉や態度により精神を傷つけるとあり、被害を受けた人が証拠を提示しにくいという現状があります。

具体的には被害者が近寄ってくると無視をしたり、嫌そうに溜息をついてその場から離れたりすることなどがあります。

「モラハラ」は職場だけではなく、家庭で夫婦間でも増える傾向にあり、主な離婚理由の一つとなっています。

「パワハラ」とは?

「パワハラ」とは?

「パワハラ」の意味と概要について紹介します。

意味

「パワハラ」「パワー・ハラスメント」の略語であり、意味は「職場における立場や権力を使った嫌がらせ」のことです。

基本的に上司から部下に対して行われ、身体的に被害を受けることもあります。

概要

「パワハラ」は、権力のある人が弱い立場の人に対して精神的、或いは身体的な嫌がらせをするケースがほとんどです。

上司が部下に対して「過大・過少な要求」をして「言う通りにしないとクビにする」など脅したり、中には暴力を振るうこともあります。

部下は仕事を失うことが怖くてどこにも相談できず、精神的に追い詰められてしまうのです。

「モラハラ」と「パワハラ」の違い!

「モラハラ」と「パワハラ」の違い!

「モラハラ」「パワハラ」の違いを、分かりやすく解説します。

上下関係

「モラハラ」は、道徳や倫理に関する嫌がらせのことで、上下関係はありません。

「パワハラ」は、権力を乱用した嫌がらせのことで、上下関係があります。

内容

「モラハラ」は、直接的な暴力行為は含みません。

「パワハラ」は、暴力行為も含みます。

まとめ

まとめ

「モラハラ」「パワハラ」は、オフィスのトラブルで多いものです。

自分が被害に遭うことも考えてそれぞれの違いを理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物