スポンサーリンク

「クローゼット」と「ウオークインクローゼット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クローゼット」と「ウオークインクローゼット」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クローゼット」「ウオークインクローゼット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クローゼット」とは?

「クローゼット」とは?

衣類などを入れておく戸棚のことです。

壁の中に埋め込まれるように設置されており、背面、上下、左右を板で囲われており、前面は扉になっています。

大きさはさまざまですが、一般的には奥行きが45~60cmほどです。

無理をすれば人が入ることができなくはありませんが、人が中に入ることを想定して作られてはいません。

この中にはがパイプが渡されていることがあります。

もともと取り付けられており、スーツやコートなどをかけることができます。

取り付けられていなかった場合には、つっぱり棒を設置したり、ハンガーラックを置いたりすることで、スーツなどを収納しやすくなります。

衣類の他には、季節用品、雑貨、靴などを収納することもできます。

しかし、スノーボードのような大きなものを収納するのには適していません。

「クローゼット」の使い方

背面、上下、左右を板で囲われている収納するために使う場所を指して使用する言葉です。

「ウオークインクローゼット」とは?

「ウオークインクローゼット」とは?

人が入ることができるほどの大きさの戸棚です。

背面、上下、左右は板で囲われており、壁の中に埋め込むように設置されています。

これはもともと中に人が入ることを想定して作られています。

中の広さはさまざまですが、衣類などを収納しても人が簡単に入ることができるほどです。

たくさんの衣類を収納したい、アクセサリーやバッグなども収納したい、季節用品など大きなものを収納したいといったときに適しています。

衣服とアクセサリーなどを一緒に管理しておけば、コーディネートをしやすくなります。

これを設置するためには、ある程度の広さが必要です。

また、人が立つスペースの分、収納スペースが減ってしまいます。

収納スペースが広いと、あれこれと収納したくなり、物であふれかえってしまうこともあります。

「ウオークインクローゼット」の使い方

人が入ることを想定して作られている戸棚を指して使用する言葉です。

「クローゼット」と「ウオークインクローゼット」の違い

「クローゼット」と「ウオークインクローゼット」の違い

背面、上下、左右が板で囲われている収納するスペースという点が同じですが、大きさに違いがあります。

前者は人が入ることができない大きさ、後者は前者よりも広くて人が入ることができます。

「クローゼット」の例文

「クローゼット」の例文

・『クローゼットの中を片付ける』
・『クローゼットに衣服をしまう』
・『何でもクローゼットに入れてしまう』
・『クローゼットの中にボックスを置く』

「ウオークインクローゼット」の例文

「ウオークインクローゼット」の例文

・『ウオークインクローゼットのある家』
・『ウオークインクローゼットの中がごちゃごちゃしている』
・『とりあえずウオークインクローゼットの中に入れておく』
・『ウオークインクローゼットから衣服を取り出す』

まとめ

まとめ

戸棚という点では同じですが、広さに違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物