スポンサーリンク

「イケメン」と「雰囲気イケメン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イケメン」と「雰囲気イケメン」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イケメン」「雰囲気イケメン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イケメン」とは?

「イケメン」の意味は以下の通りです。

1つ目は「顔立ちの良い男性」という意味で、目鼻立ちが整っていて、誰が見ても美男子だと思う人のことです。

2つ目は「背が高くて手足が長く遠目にも目立つ男性」という意味で、背が高くて頭が小さく、手足が長いモデル体型で、パッと見て「スタイルがいい」「カッコいい」と思う男性のことです。

3つ目は「身のこなしがスマートで洗練されている男性」という意味で、レディファーストができたり、大勢の人の前でも萎縮せずに上品にふるまえる男性のことです。

上記に共通するのは「カッコいい男性」という意味です。

「イケメン」の語源は「イケてる面子」「イケてる男性(men)」の2つがあります。

「イケてる」とは「容姿やふるまいなどがおしゃれでカッコいい」という意味の俗語です。

「イケメン」の使い方

「イケメン」は名詞・形容動詞として「イケメンだ・である」「イケメン美容師」などと使われたり、形容詞として「イケメンなゴリラ」などと使われます。

基本的に、目鼻立ちが整っている美男子や、背が高くスタイルの良い男性、身のこなしがスマートで洗練されてカッコいい男性に使われる言葉です。

「雰囲気イケメン」とは?

「雰囲気イケメン」「ふんいきいけめん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「顔立ちがずば抜けて良いわけではないが、欠点をカバーするなどよく研究して好ましく見せている男性」という意味で、決して美男子ではないが、きちんとお肌の手入れをしていたり、ムダ毛を整えているなどで、清潔感のある顔立ちをしている男性のことです。

2つ目は「見た目は大したことがないが、仕草や言動などがカッコいいとかんじさせる男性」という意味で、態度が洗練されていたり、会話で知性を感じさせたりなど、他の人とは違うオーラが出ているだ男性のことです。

上記に共通するのは「顔立ちはたいしたことがないが、カッコいいと思わせる男性」という意味です。

「雰囲気イケメン」の使い方

「雰囲気イケメン」は名詞・形容動詞として「雰囲気イケメンだ・である」と使われたり、形容詞として「雰囲気イケメンな彼氏」などと使われます。

基本的に、顔立ちは大したことがないが、清潔感があったり、言動が洗練されていてカッコいいと思わせる男性に使われる言葉です。

「イケメン」と「雰囲気イケメン」の違い

「イケメン」「目鼻立ちが整っている美男子」「背が高くスタイルの良い男性」「身のこなしがスマートで洗練されてカッコいい男性」という意味です。

「雰囲気イケメン」「顔立ちは大したことがないが、清潔感があったり、言動が洗練されていてカッコいいと思わせる男性」という意味です。

「イケメン」の例文

・『駅で待ち合わせをしていたイケメンに声をかけられた』
・『営業部にイケメンの新人が入った』
・『イケメントレーナーのお陰でジムの会員が増える』
・『イケメン店員のいるカフェは女性で一杯だ』

「雰囲気イケメン」の例文

・『彼はどちらかというと雰囲気イケメンだ』
・『純正イケメンより雰囲気イケメンの方がモテる』
・『雰囲気イケメンは誉め言葉と思えない』
・『私の彼氏は雰囲気イケメンです』

まとめ

今回は「イケメン」「雰囲気イケメン」について紹介しました。

「イケメン」「見た目がカッコいい男性」「雰囲気イケメン」「見た目ではなく雰囲気がカッコいいと思わせる男性」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物