スポンサーリンク

「身丈」と「着丈」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「身丈」と「着丈」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「身丈」「着丈」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「身丈」とは?

「身丈」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「身丈」は、「みたけ」と読みます。

「身丈」は、「身の丈。

身長」
という意味があります。

また「身丈」には「洋服で、肩から裾までの丈」という意味があります。

「着丈」と対応するのは、この意味になります。

そのため、ネット通販で洋服を買うときに、「身丈」を見て、自分が着る服としてふさわしいかどうか確かめることになります。

このような場面では、「ネットで服を買うときは、身丈を見て、自分に似合うかどうかの参考にしている」などという文章を作ることができます。

また、「身丈」が短い服を着ると、腹が出て、寒いと感じる人がいるかもしれません。

そのため、「寒いのが苦手なので、私は身丈の長めの服を選ぶようにしている」などという文章にできます。

さらに「身丈」は、「和服で長着の身頃の長さのこと。

という意味があります。

肩山から、裾までの丈のこと」
という意味があります。

「着丈」とは?

「着丈」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「着丈」「きたけ」と読みます。

「着丈」は、「洋服の、後ろ襟ぐりから裾までの寸法」という意味があります。

例えば、ネット通販のように、試着をせずに洋服を買うような場面があるかもしれません。

この時に、自分が着ている服の「着丈」と合わせることで、自分の体格にふさわしい服を購入できるかもしれません。

このような場合は、「持っている服の着丈と比較して、ネット通販で服を買う」などという文章を作ることができます。

また、Tシャツは、「着丈」の長さにこだわりがあるという人が多いのではないでしょうか。

「着丈」の短めのTシャツを選ぶ場合は、「着丈が短めのTシャツしか買わないようにしている」などという文章にできますさらに「着丈」は、「和服の長着で、着付けの時の、片山から裾までの寸法」という意味があります。

「身丈」と「着丈」の違い

「身丈」「着丈」の違いを、分かりやすく解説します。

「身丈」には「洋服で、肩から裾までの丈」という意味があります。

一方で、「着丈」は、「洋服の、後ろ襟ぐりから裾までの寸法」という意味があります。

どちらも、洋服の寸法に関する言葉という共通点があります。

またどちらも、裾までの長さを意味する言葉になりますが、「身丈」「肩から」「着丈」「後ろ襟ぐりから」という違いがあります。

通常、後ろ襟ぐりは、湾曲している場合が多いため、「身丈」の方が「着丈」よりも、数センチ長めになります。

このように、「身丈」「着丈」の違いは、肩から裾か、後ろ襟ぐりから裾かという違いになります。

まとめ

「身丈」「着丈」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物