スポンサーリンク

「イルカ」と「ドルフィン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イルカ」と「ドルフィン」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イルカ」「ドルフィン」の違いを分かりやすく説明していきます。

似ている言葉を見分けていきましょう。

スポンサーリンク

「イルカ」とは?

「イルカ」とは、マイルカ科やイッカク科の生き物のこと。

海の王様クジラと同じグループに入るので、大きく分けると「クジラ・イルカ類」の仲間になります。

バンドウイルカ、アマゾンカワイルカ、マダライルカなど、色々な種類がいる癒し系のキャラクターです。

ちなみに水族館でショーをおこなうのはカマイルカ、バンドウイルカです。

どちらも人懐っこいイルカで頭が良く、飼育員さんの言うことを良く聞いてパフォーマンスをおこないます。

イルカは自分より体の小さな小魚を食べて、元気に暮らしています。

サバ、サンマ、ホッケなど人と同じような魚が大好物です。

またイルカは私たちが聞こえない、超音波を聞き取ることができます。

仲間と超音波でコミュニケーションをとったり、水中のエサを探したりします。

かわいいけれども、とても頭がいい海の人気者です。

「ドルフィン」とは?

「ドルフィン」は、イルカのニックネームです。

おもに水族館や観光ツアーの、マリンリゾートで使われています。

そのため野生イルカと遊べるツアーを「ドルフィンツアー」、水族館のイルカと潜る遊びを「ドルフィンダイビング」と呼んでいます。

人と一緒に遊ぶことができる、心優しいイルカがドルフィンです。

ドルフィンは正式名称ではないので、シロイルカ、ネズミイルカ、カマイルカなど、その種類は様々います。

ドルフィンは1年中出会える生き物で、日本の近くの海では春夏秋冬、シーズンを問わずに出会えます。

小さな子どもたちにも人気の哺乳類です。

「イルカ」と「ドルフィン」の違い

どちらも海の人気者です。

「イルカ」「ドルフィン」の違いを、分かりやすく解説します。

・イルカの英語名はドルフィン
イルカはクジラと同じグループに入っています。

そのため水族館では、4メートル以上の大きなものをクジラ。

4メートルより小さなボディのものを、イルカと区別しています。

またイルカとドルフィンは同じものです。

ドルフィンは観光用につくられた言葉で、水族館や旅行会社では「イルカ」より「ドルフィン」を好んで使っています。

ちなみにドルフィンというのは、英語でイルカをあらわす言葉。

そのため海外だと「イルカ」は通じず「ドルフィン」が正式名称になります。

イルカやドルフィンは、愛くるしい瞳と艶やかなボディをしていて、多くの人を魅了しています。

人の言葉がよくわかる不思議な生き物で、多彩なアクロバットをみせて感動させてくれます。

疲れた心を癒してくれる、海のヒーローです。

まとめ

「イルカ」「ドルフィン」の違いを分かりやすくお伝えしました。

イルカとドルフィンは同じものです。

どちらもクジラの仲間で、4メートルより小さなものをイルカもしくはドルフィンと呼んでいます。

とても優しく好奇心旺盛なので、水族館の花形になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物