スポンサーリンク

「ウガンダ」と「ルワンダ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウガンダ」と「ルワンダ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウガンダ」「ルワンダ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ウガンダ」とは?

「ウガンダ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ウガンダ」は、「Republic of Uganda」と英語表記します。

「ウガンダ」は、「ウガンダ共和国の略で、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国のこと」という意味があります。

このように、アフリカにある国で、東にはケニア、西にはコンゴ民主主義共和国、北に南スーダン、南にタンザニアがあるという、内陸の国になります。

「ウガンダ」「ヴィクトリア湖」に接していて、ヴィクトリア湖からナイル川が始まっています。

「ウガンダ」の首都は「カンパラ」です。

ちなみに「イギリス連邦」は、イギリス帝国の旧領土だった54の加盟国から構成されている経済連盟を指し、「コモンウェルス・オブ・ネイションズ」と呼ばれています。

1962年にイギリスから独立し、国土の大部分が海抜1200m程度の高原地帯となっています。

コーヒーや綿花の産出国として知られていて、主要英語は、英語とスワヒリ語になります。

「ルワンダ」とは?

「ルワンダ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ルワンダ」「Republic of Rwanda」と英語表記します。

「ルワンダ」は、「ルワンダ共和国の略で、東アフリカに位置する共和制国家のこと」という意味があります。

東にタンザニア、西にコンゴ民主共和国、北に「ウガンダ」、南にブルンジがあるという内陸国になります。

「ウガンダ」と同じように、イギリス連邦加盟国で、首都は「キガリ」です。

1889年にドイツの保護領となり、第一次世界大戦でドイツが破れると、1918年から、ベルギーの委任統治下になり、1962年に独立しました。

「ルワンダ」で世界的に知られているのが、「ルワンダ虐殺」で、古くから「ルワンダ」に住む、ツチ族とフツ族が対立し、100日の間に、80万人から100万人が殺害されたとされています。

これは当時の人口の10分の1以上という人数になります。

「ウガンダ」と「ルワンダ」の違い

「ウガンダ」「ルワンダ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ウガンダ」は、「ウガンダ共和国の略で、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国のこと」という意味があります。

一方「ルワンダ」は、「ルワンダ共和国の略で、東アフリカに位置する共和制国家のこと」という意味があります。

どちらも、アフリカの国で、隣接している内陸の国、イギリス連邦加盟国という共通点があります。

ただし、「ウガンダ」は、「ウガンダ共和国」を意味し、「ルワンダ」「ルワンダ共和国」を意味するため、国の違いがあります。

まとめ

「ウガンダ」「ルワンダ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物