スポンサーリンク

「オオカミ」と「コヨーテ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オオカミ」と「コヨーテ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オオカミ」「コヨーテ」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た印象を持つ2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「オオカミ」とは?

「オオカミ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オオカミ」は、「狼」と漢字表記します。

「オオカミ」は、「食肉目イヌ科の哺乳類のひとつ。

中型で耳が立っていて、先がとがっていて尾が太いもの」
という意味があります。

体長は1. 5mほどで、体毛は生息域によって違いがあります。

ヨーロッパやアジア、北アメリカなどに広く分布しています。

春から夏にかけては家族単位で暮らし、冬になると群れをつくり、共同で狩りをします。

また「ニホンオオカミ」は、「オオカミ」としては最も小型で、かつては日本全国に生息していましたが、1905年に奈良県で捕獲されたのを最後に絶滅しています。

また「オオカミ」には、「優しそうに装っているが、実際は恐ろしい人」を意味し、主に男性を指します。

家まで送ってくれる優しそうな人だと思ったら、襲い掛かってくるような場合は、「送りオオカミ」などと呼ばれます。

「コヨーテ」とは?

「コヨーテ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「コヨーテ」「coyote」と英語表記します。

「コヨーテ」は、「食肉目イヌ科の哺乳類のひとつ。

オオカミに似ているが小型で、体長は約1mほど」
という意味があります。

北アメリカの草原に住むことから、「草原オオカミ」と呼ばれることもあります。

夕暮れ時に甲高い声で呼び合うという特徴があります。

小動物や鳥、爬虫類などを食べますが、果実を食べるなど、雑食性です。

また、「オオカミ」が家畜を襲うために駆除が進み、生息数を減らすのと反比例するように、「コヨーテ」が生息域を広げています。

これは、「オオカミ」よりも「コヨーテ」の方が繁殖力が強いためとされています。

「オオカミ」と「コヨーテ」の違い

「オオカミ」「コヨーテ」の違いを、分かりやすく解説します。

「オオカミ」は、「食肉目イヌ科の哺乳類のひとつ。

中型で耳が立っていて、先がとがっていて尾が太いもの」
という意味があります。

一方で「コヨーテ」は、「食肉目イヌ科の哺乳類のひとつ。

オオカミに似ているが小型で、体長は約1mほど」
という意味があります。

どちらも、イヌ科の哺乳類という共通点があり、「オオカミ」「コヨーテ」は見た目もよく似ています。

ただし、「オオカミ」は体長が1. 5mほどあるのに対して、「コヨーテ」は1mほどと、大きさに違いがあります。

そのため、「オオカミ」「コヨーテ」を見分ける場合は、大きいのが「オオカミ」、小さいのが「コヨーテ」と覚えておきましょう。

まとめ

「オオカミ」「コヨーテ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、「オオカミ」「コヨーテ」を見分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物