スポンサーリンク

「お好み焼き」と「チヂミ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お好み焼き」と「チヂミ」の違いとは?二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お好み焼き」「チジミ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「お好み焼き」とは?

「お好み焼き」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「お好み焼き」は、「おこのみやき」と読みます。

「お好み焼き」は、「小麦粉の生地と、豚肉、イカ、キャベツなどの具材を焼いて、ソースや青のり、鰹節などで味付けした料理のこと」という意味があります。

「お好み焼き」は、「関西風」「広島風」があり、関西風は、生地に卵やとろろ汁を加えて、具材をあらかじめ混ぜてから焼くのに対して、広島風は、具材と中華麺をそれぞれ焼、薄い生地と目玉焼きで挟むという個性があります。

関西風を食べる大阪の人、広島風を食べる広島の人は、それぞれ「お好み焼き」にプライドを持っているため、どっちが美味しいかについて、しばしば論争になります。

「チジミ」とは?

「チジミ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「チジミ」「ちぢみ」と読みます。

「チジミ」は、「朝鮮料理の一つで、水で溶いた小麦粉に、ニラや玉ねぎなどの野菜や、キムチなどを混ぜて、鉄板の上で薄く焼いたもの」という意味があります。

ごま油やトウガラシ、コチュジャンなどを合わせたたれをかけて食べます。

韓国では、日本の「お好み焼き」のように日常的に食べられていて、どのような具材でも水で溶いた小麦粉があれば「チヂミ」にすることができる庶民的な料理となっています。

日本の「お好み焼き」で言えば、関西風に近い料理と言えます。

韓国では「チヂミ」「プチムゲ」「ジョン」などと呼んでいます。

キムチを具材とした「キムチチヂミ」や、カキやホタテなどを使った「海鮮チヂミ」など、作る人によって、多種多様なレシピがあります。

「お好み焼き」と「チジミ」の違い

「お好み焼き」「チジミ」の違いを、分かりやすく解説します。

「お好み焼き」は、「小麦粉の生地と、豚肉、イカ、キャベツなどの具材を焼いて、ソースや青のり、鰹節などで味付けした料理のこと」という意味があります。

一方で「チジミ」は、「朝鮮料理の一つで、水で溶いた小麦粉に、ニラや玉ねぎなどの野菜や、キムチなどを混ぜて、鉄板の上で薄く焼いたもの」という意味があります。

このように、「お好み焼き」「チヂミ」は、とても似た料理を指す言葉になります。

ただし、「お好み焼き」は日本発祥の料理なのに対して、「チヂミ」は、朝鮮発祥の料理という違いがあります。

また、「お好み焼き」はソースやマヨネーズをかけて食べるのに対して、「チヂミ」はごま油や酢醤油、コチュジャンなどを付けて食べるという違いもあります。

まとめ

「お好み焼き」「チジミ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、作り分けることができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物