スポンサーリンク

「軽口」と「ジョーク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「軽口」と「ジョーク」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「軽口」「ジョーク」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「軽口」とは?

「軽口」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「軽口」は、「かるくち」と読みます。

「軽口」は、「調子が軽くて面白い言葉、話。

他愛無いが、気が利いていて滑稽味のある言葉や話」
という意味があります。

誰かが、調子が軽くて、面白い話をしている姿を見た時、「軽口をたたいている」などと表現することができます。

また、真剣にならなければならないような場で、調子が軽い話ばかりしている人がいる場合は、「こんな場所で、軽口を叩くな」などと諭されてしまうかもしれません。

さらに「軽口」には、「口が軽くてよくしゃべること。

その様子」
という意味があります。

そのため、話してほしくないことでも、ベラベラと他人に話してしまうような同僚がいる場合は、「私の同僚のAさんは、軽口な人だから、大切なことは話せない」などという文章を作ることができます。

また「軽口」には、「軽妙な洒落。

江戸時代に流行した地口、秀句の類」
という意味があります。

「ジョーク」とは?

「ジョーク」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ジョーク」「joke」と英語表記します。

「ジョーク」は、「冗談。

しゃれ」
という意味があります。

そのため、冗談やしゃれを言う人を見たときに、「ジョーク」という言葉を使ってみましょう。

例えば、冗談や洒落を連破するような人と出会うことがあるかもしれません。

この場合は、「ジョークを飛ばす人と出会う」などという文章を作ることができます。

また、アメリカ人が良く言うような、冗談を聞いたという場合は、「あなたの冗談は、まるでアメリカンジョークみたいだ」などという文章にできます。

また、パーティグッズを打っているお店に行くと、冗談のようなくだらないグッズが販売されているかもしれません。

このような商品を「ジョークグッズ」と呼ぶことがあります。

「軽口」と「ジョーク」の違い

「軽口」「ジョーク」の違いを、分かりやすく解説します。

「軽口」は、「調子が軽くて面白い言葉、話。

他愛無いが、気が利いていて滑稽味のある言葉や話」
という意味があります。

一方で「ジョーク」は、「冗談。

しゃれ」
という意味があります。

どちらも、「調子が軽くて面白い話」を意味する言葉、という共通点があります。

ただし、「軽口」には、「口が軽くてよくしゃべること。

その様子」
という意味があり、「ジョーク」には、このような意味がありません。

そのため、口が軽くてよくしゃべる人を見た場合は、「ジョーク」ではなく「軽口」を使うようにしましょう。

まとめ

「軽口」「ジョーク」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物